出会系アプリのニーズが増加していく理由とは?利用する年齢層の拡大について

ガラケーからスマホへ

出会系アプリが登場したのはここ10年程の間です。それまでは出会系サイトが主流で、PCから利用するという形でした。
モバイルから利用できないわけではありませんでしたが、通信速度や画面の見づらさ等の関係上好まれない場合が多かったのです。

さて、AppleのiPhone登場以来、日本でもスマートフォン市場は拡大し続けています。
当初はガラパゴス携帯の方が使いやすいと変更したくない派が多かったのですが、時代の流れとともにガラケー派も少数派になり、現在では全体の携帯電話契約数におけるスマホの割合6割り程度になり逆転しました。

スマホの利用者は流行に敏感な若い世代から増加していきました。つまりアプリの利用者は若年層が多かったということ。
しかし、中高齢層のスマホへの移行が増えているため出会アプリの利用者も高齢化が進んでいます。

今後の出会系アプリについて

出会系アプリ市場もここ数年で爆発的に拡大し様々なアプリがリリースされるようになり、ガラケーからスマホへの移行に従って出会系サイトから出会系アプリへと移行が進んでいるということですね。
これからもスマホの利用者は年々増加していくのですから出会系アプリのニーズも更に増加していくのではないかと考えられます。

出会系サイトにおける中高齢の利用者の割合はかなり多いと言われているので、今後はアプリで中高齢層が活気づいていくのではないでしょうか。
そしてそれは、男性に限った話ではなく女性も同様であるということ。中高齢の未婚者・既婚者の流入が増えると考えられるのです。

これまでは若い人ばかりで好みがいないと思っていた人も、アプリを使う年齢層の拡大に伴って利用価値が出てくるということもあり得ます。
中高齢者でアプリの利用を迷っている人は今がチャンスと言えるでしょう。