好き避けをしてしまう女性心理とLINEの関係

避ける女性

好き避けという言葉はいつからか当たり前のように使われるようになりましたが、それが実際にどういったものか、ご存じでしょうか?

読んで字の如くですが「相手の事を好きだからこそ避けてしまう行為」の事を指します。
最近ではこの好き避けによる恋愛トラブルが後を絶たないようです。

なぜ好き避けをしてしまうのか?

こうした好き避けは男性よりも女性に多く、その理由の一番は「好きな人を前にすると照れてしまうから」といったものです。

その他にも「好きな人の前で失敗したくない」「自分に自信がなく嫌われてしまわないか不安」といった理由での好き避けも多く存在します。

それは基本的に面と向かって起こるもので、リアルな関係だからこそのものなのですが、最近では直接の対面ではないLINEなどのやり取りでもこうした好き避けが見られるようです。

LINEでの好き避けが具体的にどういったものかと言うと「来た連絡に対してなんて返事をしたらいいのかわからない」「頻繁に返事をすることで重いと思われたくない」など、相手の印象を下げてしまうかもしれないという気持ちから起こるものです。

よく男性は「意中の子から返事がない」という状況では自分に興味がないからだと思いがちですが、こうした好き避けである可能性もあります。

特にコミュニティなどの相手の表情や気持ちがくみ取りにくい関係ではよりそうした状況に陥りやすいと言えます。

ですので、男性は特に自分がやり取りしている女性が単なる「避け」なのか「好き避け」なのか、見極める必要があります。

見極める一つのポイントとしては「遅くなったとしても最終的に返事が返ってくる」「文章が長い」などのポイントが見られる場合、相手に対して避けているのではなく、好き避けである可能性が高いと言えます。質問を交えて返事がある場合などは特にその可能性が高いでしょう。