「 出会いコラム 」一覧

電話番号を求められる出会系には要注意!!

頭を抱える女性

最近ではかなり減ってきている悪質な出会系。特に出会系サイトではなくアプリ化したことで、そういった悪質なものは急激に数を現象させてきました。

と、言うのも出会系サイトの場合は規制するものが日本の法律でしたが、アプリはGoogleとAppleに依存している為、その2社の判断次第でアプリが消されてしまいます。リジェクトと呼ばれるものですが、ユーザーに対して安全で安心できるサービスを提供するという観点から、あまりに悪質なものなどは即時リジェクトという事もたびたびあります。

特にGoogleのほうではかなり取締りが厳しくなっているようで、ある時期では1日に数十を越えるアプリがリジェクトされたこともありました。ですので、現在のアプリマーケットは比較的安全と言えますが、それでも危険が潜んでいる可能性はありますので、注意が必要です。

個人情報を求められる危険なアプリ

コミュニティなどを利用する場合、どうしても少なからずは個人情報が必要となります。ただその多くは秘匿性の高いもので、実際に登録情報だけでは自分自身を特定するような情報とはなりません。

しかし、中には個人を特定しまうレベルの情報を求められるアプリがあります。特にLINEなどでも色々と問題になっていましたが、現在は簡単に個人情報が流出してしまったり、または自分自身のアカウントが乗っ取られてしまうという事もあるので、そういった個人情報を求められるアプリには細心の注意が必要となります。

電話番号は絶対に教えない

中でも特に注意が必要なものは個人情報の登録を促すものです。最近のアプリではFacebook認証がついているものが多いですが、それとは違った部分でアドレスの登録を求められるものや電話番号の登録を求められるもの、これは本当に注意が必要です。

そういったアプリの多くは、そのアプリ自体では害がないものがほとんどですが、まず間違いなく登録した個人情報は別の目的で利用されています。例えば出会系サイトなどに売られ迷惑メールの集中砲火に合う、電話番号を売られ勝手にLINEの友達登録されてしまうなど、用途は様々です。

リテラシーの高い人なら「個人情報を利用するなんて怪しいアプリ」と判断できるものでも、あまりそういった事に詳しくない人では信用して登録してしまう事があります。そうした被害はあまり目立って報道される事などはありませんが、少なからず起きているのは事実です。

何よりそういった被害が出ないのなら業者もそうした悪質な個人情報収集の手法を取ろうとは思いませんし、存在するという事は騙されてしまう人がいるという事に他なりません。

ですので、もし万が一、自分の使っているアプリが電話番号の登録などを求めてきた場合、すぐには登録せずに一度そのアプリについてしっかりと調べるようにしましょう。

最近では色々なアプリの情報サイトが充実していますので、必ず詳しい情報が見つかるはずです。


最近の出会系アプリの男女比率がヤバいことになっているらしい!

今や出会いの定番となった出会系アプリや婚活アプリと言われるアプリを利用した出会いですが、その男女比率がヤバい事になっているそうです。

平均の男女比を大きく上回る推移に

現在、数多くの出会系アプリや婚活アプリがリリースされていますが、その多くは未だ絶えない悪質な業者が運営するものです。正確な数はわかりませんが、100あるとすればそのうち90は悪質なアプリだと思って良いと言えるほどにそういったアプリが蔓延しています。

ですが、その中の本当に信頼しても良いと言われているアプリ…いわゆる大手運営のアプリですが、そういったアプリでの男女比に大きな変化が出てきているようです。

過去、出会系サイトとよばれるWEB上での出会いを求めるサイトでは、平均して7:3程度の男女比率であると言われていました。当然男性が7で女性が3という割合です。

そして、その平均というのは有名なワクワクメールやハッピーメールなどの国内でも最大手と言って良いレベルのサイトでの数値です。

それ程大手であっても男女比率は7:3で、そこから一段下がる中堅サイトともなると8:2や9:1という事も往々にしてありました。

当初の出会系アプリもそれと大して変わらない数値だったのですが、それが最近になって大きく変化しています。

男女比率で6:4などは当たり前、アプリによってはむしろ女性のほうが多く5:5や4:6という男女比を逆転してしまったようなアプリまで出てきています。

婚活アプリの広まりが最もな原因

では、なぜそのように男女比が逆転するような事態となったのかというと、これには婚活アプリが普及し、たくさんの人から認知されたことで女性がネット上やそうしたアプリで出会いを求める事に抵抗を感じなくなってきた為であると言われています。

一昔前から存在する婚活サイトなどでは既に男女比が逆転している事は当たり前で、某有名婚活サイトでは女性1200万人に対して男性が800万人と、実に女性が男性の1.5倍も登録しているという事です。

そうした流れの中で出会系アプリにも同様の事態が起きている為、今回のような男女比の変化、逆転が起こっています。

SNSとの差がなくなった

又、出会系サイトが出会系アプリというものに変化をした為、一般的な認知度は急激に高まりました。そして、以前あった悪質なものであるという認識が徐々に薄れていき、現在では出会系というものが通常のSNSと何ら変わりのないものとして捉えられることも少なくないようです。

FacebookやTwitterをやる感覚で出会系サイトに登録する…まさに軽い気持ちで出会いを求めるという出会系本来のコンセプトに時代がマッチしたといって良いでしょう。

又、多くの海外コミュニティが日本のアプリ業界に参入してきたことも大きな要因の一つです。海外では出会系アプリという名前は使われませんが、全く同様な内容のアプリが海外で人気を得ているとあれば、当然日本もそれに追随します。

そうした経緯や流れの影響を大きく受け、今出会系アプリでの男女比に大きな変化が出てきています。特に男性の方に対してはかなりチャンスであるという事は間違いありません。


GWの出会いにおすすめ!まだ予定がない人の為の出会い処方箋

4月も終わりを迎え、多くの人が楽しみにするゴールデンウィークの時期が到来しました。でも、そんな世間が賑わうGWでも、独り寂しく何もする事がない…なんて人も案外多いのではないでしょうか?

当然、どこに行っても混むし、家にいるほうが気楽でいいという人もいるかも知れませんが、独りは寂しい…でも予定がないという人にとっては辛い期間となってしまいますよね。

そんな方の為のすぐにでもできるGWの予定を埋める手段…GWの出会いについてご紹介します。

GWに予定がないのはアプリで解消

予定がない…でも誘える相手もいない…そんな時には同じような気持ちの相手を新しく探すというのが一番手っ取り早い方法です。

ただ、中には…

「いきなりそんな風に誘ってOKもらえるはずがない」

そんな風に考えてしまう人もいるかも知れません。

でも、少し考えてみて下さい。
今自分が寂しい思いをしているとして、例え良く知らない相手だとしてもお誘いしてもらったらどうでしょうか?少なからずは嬉しいという気持ちになるはずです。

それはみんな一緒なんです。

だからこそ、出会いを探すなら自分が思っているようなGWに独りぼっちで寂しいという相手を見つける事でかなり効率よく早い出会いに繋げる事ができます。
GWに何も予定がないから…という人こそGWでの出会いの可能性が高い事を有効活用しましょう。

イベント効果で出会いの確率は格段にUP!

これはGWに限ったことではないですが、特にそうしたイベントの時期(夏休みやクリスマスなど)は出会いに対するハードルが非常に低くなります。

その理由としてはイベントを楽しみたいという気持ちがあるにも関わらず、そのイベントを一緒に楽しむ相手がいないという人が増えるからです。

あまりいい言い方ではないかも知れませんが、取りあえずイベントを楽しむ為にこの人でいいやという気持ちで出会うという関係もとても多くなります。そこから先どういった関係になるのかは二人次第ではありますが、まず出会うという事を目的に考えるのなら、そのハードルは非常に下がると思って間違いありません。

そしてGWは特に家族で過ごす人などが増える為、友達との予定があぶれやすい時期でもあります。ですので、他の時期に比べてより気軽な出会いに繋げやすい時期でもあると言っていいでしょう。

こうした時期にはとにかく会員数が多く可能性の高い出会系アプリを利用する事をおすすめします。もしまだGWの予定が空だという人はお試ししてみては如何でしょうか。


出会系アプリでセフレを作るな?!最近の大人の関係募集事情

ベッドで見つめ合う男女

まず最初に出会系アプリと聞いて、みなさんはどんな事を想像するでしょうか?

恋人を探す場所、暇つぶしのツール、結婚相手を見つける手段、新しい友達を作るきっかけ…など色々な目的が浮かんでくるかと思います。

ただ、その中で特に男性の場合はそういった出会いに関するサービスや行動の先には必ず大人の関係というものが浮かんでくると思います。

それは出会系アプリに限らず、合コンやナンパなどでも出会いのきっかけがある先には必ずそういった思惑があると言っても過言ではないでしょう。

当然真剣な出会いを求めている中にも少なからずの下心はあると思いますし、それはあって当然の事だと思います。

特に出会系サイトなどではセフレ募集というのが当たり前に行われていました。その延長にある出会系アプリですので、そうした出会いを求める人が多くなるのは必然かと思います。

ですが、実際に出会系アプリはセフレを作るには向いていない…というのが事実です。

その理由はなぜか?少し触れていきたいと思います。

出会系アプリがセフレ募集に向かない理由

まずここで勘違いをしないで欲しいのが、出会系アプリでセフレなどそういった大人の関係を探す事ができないという事ではありません。

当然、男女が集まる場所ですので、そういった関係募集も可能です。

ですが、向いていないという明確な理由も存在します。

それは、マーケット上に存在する出会系アプリの全てがアダルトNGという制限が掛かっている為です。

これは各々のアプリがそういった制限なのではなく、マーケット自体にそういった制限が掛かっているという意味です。

そのルールは全てのアプリに適用される為、基本的に出会系アプリであっても、そういった不純な理由からのアダルトな関係募集は制限されます。

つまり、セフレ募集をするにあたり向かない理由は出会系アプリを利用するルールに沿っていないという点が最も大きな理由として挙げられます。

出会系アプリでは絶対にセフレ募集はできないのか?

上記の事から出会系アプリでは絶対にセフレなどを募集する事はできないのでしょうか?

結論から言ってしまえば、絶対という事はありません。出会った相手とセフレになる、それは既に出会った後の事であって、既に出会系アプリは関係ないからです。

つまり、恋人や友達の募集を行い、出会った上でそういった関係になっていくのは特に問題はないという事です。

ですが、元々そういった目的で募集をしていない訳ですから、出会った相手にとってはそんなつもりで会っていないと思われてしまう可能性は非常に高いでしょう。

ですので、以前の出会系サイトなどに比べてその辺りの効率はだいぶ悪くなってしまったと言わざるを得ません。

基本的にグーグルやアップルがそのような制限を掛けている以上、利用者もそれに従った行動が求められますし、健全なアプリ運営という点から見ても確かにアダルトの制限というものは良いものです。

以前はそういった絡みでの事件なども続発していましたが、アプリになってから減少しているというのはそうした制限や規制の賜物でしょう。

ただ、どうしてもセフレ募集をしたいという場合、掲示板などにそうした目的として書込むことはできませんが、出会った後に相手とよく相談した上でそのような関係になっていく事は可能です。

中にはそうした目的の利用者に偏っているアプリも事実存在しています。

もしセフレ募集をしたい場合、そうしたアプリを利用して出会いを探す事が一番の近道かも知れません。


今流行りの婚活系アプリでほんとに結婚相手は見つかる?

会話をする男女

出会系アプリが出会いツールの主流となって既に数年が経ちますが、その間に様々な形のアプリが新しく出てきました。

その中でも最も目立つものと言えば、婚活をメインとしたマッチングアプリです。
代表的なものではペアーズ、タップル、ゼクシィ縁結びなどでしょう。

そうしたアプリは出会系アプリの中の一つのジャンルではありますが、かなりの人気を誇っており、アプリを提供しているGoogleplaystoreやApplstoreでは常に上位にランキングされています。

ここ数年、結婚対する意識が大きく変わってきており、若い世代の間では晩婚化が進んでいますが、そうした婚活メインの出会系アプリで本当に出会う事ができるのでしょうか?
少し掘り下げていこうと思います。

婚活系のアプリは若干ハードルが高い

出会系アプリの中でも婚活色の強いアプリというのは、他の出会系アプリに比べるとやや気軽さなどには欠ける印象があります。

真剣な出会いを探す訳ですから、気軽でないのは当然ですが、簡単なノリで出会える他の出会系アプリとは違い、利用者個人のスペックなどが重視されるのが特徴です。

例えば、顔写真なしでは登録自体ができないアプリなどもありますし、プロフィールも他の出会系アプリにはない項目があったりとかなり個人の詳細を求められます。

職業などは当然のこと、年収や結婚歴、子供の有無などの詳細を記入できるプロフィールである事が多く、そういったプロフィールが未記入な場合、出会う事すら困難になるといった事も珍しくありません。

そういった点からも利用者にはややハードルが高く、特に若い年代では利用し辛い部分もあるかと思います。こうした事から通常の気軽な出会系アプリに比べると高めのハードル設定であると言えるでしょう。

ハードルが高いからこその人気

上で挙げたような理由から、他の出会系アプリに比べるとややハードルが高めになりますが、だからこそ人気があるという見方もできます。

これがどういった事かと言うと、簡単に誰でも使えるものというのはどうしても悪質な業者が入り込みます。婚活系アプリでは基本的に月額、そして登録にはFacebookなどの別の個人を証明するアカウントが必要である事が多いです。その為、セキュリティや安全面などでは通常の出会系アプリに比べ格段に高くなります。

又、しっかりとプロフィールを記入しないといけないという事はそれだけ利用者の真剣さが問われます。

つまり遊び半分での利用者は少ないという事です。

それだけしっかりと写真を登録してプロフィールを記入した上でアプローチする訳ですから、気軽なアプリに比べれば真剣度が高いのは当然ですよね。

このような事からそのアプリ自体の信頼度が向上し、自然と質の高い出会いを求める利用者が集まってくるという流れが出来上がっています。

マッチング機能を使ったコミュニケーション

通常の出会系アプリの多くはチャットアプリと言われており、内容としては掲示板などから相手を探し、好みの相手に直接チャットを送りコミュニケーションを図るというものです。

これは確かに手軽でいいのですが、特に女性の観点から見た場合、不特定多数の男性からの一方的なアプローチも多く受ける事になり、場合によっては迷惑行為となります。

その点を改善したのが、婚活系アプリによく見かけるマッチング機能です。

これは相手からのマッチング申請に対して自分が気に入った場合のみOKサインを出し、チャットでのやりとりが可能という事になります。その為、迷惑行為などに繋がる心配もなく、女性も安心して利用できます。

又、男性側からするとマッチングでOKを貰う為にもしっかりとプロフィールを書き、自己アピールをしなければなりません。つまり中途半端や遊び半分では女性とやり取りをする事すらできないという事です。

こうした点が相乗効果を生み、より質の高い出会いを提供できるサービスとなっている訳です。

求める出会いが真剣であればある程に、このような婚活系アプリの需要は高まります。
新しいスタンダードとなりつつアプリで、今後を左右する出会いを見つけてみるのもいいかもしれませんね。


彼氏、彼女ができないと嘆く前に考えて欲しい3つのこと

恋愛に悩む女性

寒い冬が終わり、春になって今までよりも出会いを求める人が増えてきます。
そんな中で実際に出会いを求めても彼女や彼氏ができないと嘆く人がいます。そうした人には色々な理由があると思います。例えば、自分の好みに合わない、自分をうまくアピールできない、単純に出会いがない…など、恋人ができない理由は挙げればきりがありません。

でも、そうした人に恋人を作るという事の前にまず考えてみて欲しい事があります。
ここでは春に出会いを求める人が増える中で、一度よく考えてみて欲しいことを三つお話しします。

彼氏や彼女を求める前に考えるべきこと

いま本当に恋人が必要か

まず前提として、出会いを求めている人に根本的な部分を問いかけますが、本当に今このタイミングで恋人が必要なのでしょうか?

多くの人は独りでいる事を寂しいと感じます。

ですが、それが嫌で恋人を作るというのは少し間違った考え方だと思いませんか?
恋人というのは自分が好きで、相手も自分が好きで一緒にいたいと思うからこそ成立するものです。それを自分の寂しさを埋める為だけに相手を探すというのは完全に自分本位のエゴにも似た感情と言えます。

勿論、そうした気持ちで付き合う男女がいるというのも事実です。
ただ寂しさを埋める為だけに相手を探すというのは、少し悪い言い方をすれば自分にとって都合のいい相手を探すという事になってしまいます。そうした気持ちで出会った相手が自分の事を本当に好きになってくれるか…と言えば少々疑問が湧きますよね。

もし、ただ独りでいる事が寂しいだけなら、まずは恋人ではなく友達としての関係を探すというほうが理に適っていると言えるでしょう。

周りに流されていないか

恋人同士のイベント毎などがあると、それを見てうらやましいと思ってしまう事があると思います。例えば大きいイベントで言えばクリスマスなどですが、それを見て自分も恋人が欲しいと思う、だから相手を探すというのはどうでしょう。

これも寂しさを埋めるのと同じで、周りを見てその影響で相手を欲しているという事になりますね。まだ見ぬ相手を好きになる事はできませんし、これは恋人を作る事が目的を達成する為の手段となってしまいます。

そうした気持ちでの出会いはやはり次への発展というのが難しいように思えます。
周りに流される恋愛ではなく、本当に自分がその相手の事を好きだからこそ恋人同士になる、それが理想ではないでしょうか。

恋に恋をしてしまっていないか

特に長く恋愛をしていない人の場合、まず理想が先行してしまうという事がよくあります。俗にいう恋に恋するという状態ですが、そうした状態の場合、理想ばかりが高くなってしまい、実際に目の前にある恋愛に対して理想よりも低いと感じて、関係が発展しないといった状態になってしまいます。

こうした時にはいくら自分にとって色々な出会いがあっても理想にそぐわないものを全て切り捨ててしまう為、恋人を作るという事自体のハードルがどんどんと上がってしまい、最終的にいくら探してもいい人がいないという事になります。

そんな時はまず一度落ち着いて、本当は自分はどんな恋愛がしたいのか、恋愛自体が自分にとって必要なものなのか、など自分自身を見つめ直してみるといいでしょう。

出会いを探しても探しても恋人ができないという場合、必ず何かしらの原因があります。
そのほとんどは自分の中の気づいていない気持ちが原因となっている事が多いので、まずそうした部分に目を向けてみるという事が大切です。


チャットの返事がない…興味がない相手との出会い方

そっぽを向く男女

アプリに限らず出会いを求めればその相手と必ず連絡を取り合うという形になるかと思います。

その時によくあるパターンが自分は相手に興味があるけど、相手が自分に興味がないパターン。特に出会系アプリなどでは男性は自分が気に入った女性に対してチャットを送りますが、その女性からほとんど返事もなく、大して乗り気でもないという状態はよく見られますね。

そうした時、男性は一体どうしたらいいんでしょうか?
興味のない相手とのチャットについてお話しします。

女性と男性の感情の盛り上がりの違いを知る

まず最初にわかっておいて欲しい点は男性と女性では感情の高まり方に大きな違いがあるという点です。

男性の場合は出会ってすぐやあまり時間を掛けずに感情が高まります。対して女性の場合は長い時間を掛けて徐々にその感情を大きくしていきます。

ですので、男性は相手を知ってすぐ仲良くなろうと大量に連絡を取りたがりますが、女性はそうでもないので、いくらチャットを送っても返事がこない…といった状況になってしまうのです。

もちろん一概には言えませんが、多くの女性に当てはまる事なので、まずはその違いをしっかりと理解しましょう。

チャットは送りすぎないのが吉

仲良くなりたい!という強い感情から相手からの返事が来なかろうが大量のチャットを送ってしまう男性がいますが、これは基本的にNGです。

上で説明したように相手の女性は男性と同じテンションである事は少ないので、まず徐々に相手の事を知っていき、少しずつ仲良くなっていきたいのです。

そこで大量のチャットを送って親密度を深めようとする行為は、かえって相手から嫌悪されてしまう原因となります。それを知らずにチャットを送りすぎて自爆してしまう男性というのが非常に多いので、本当に仲良くなりたいのなら相手のペースに合わせてあげるというのがとても大切です。

一人の相手に固執しない

これは若干諦めともとれる内容ですが、「余裕のある男性はモテる」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

チャットなどであってもそれは同様で、あまりガツガツしている男性よりも、スマートな男性のほうがいい印象を持ってもらえるものです。そういった部分で一人の女性に固執してしまうと、それ以外が見えなくなってしまい、直情的なアプローチをしてしまいますので、女性からすれば「余裕のない男性だな」と思われてマイナス評価になってしまいます。

ですので、女性へのアプローチを行う際には一人に絞るというよりは数人の候補を作って、その中で一番好感触な相手と徐々に親密度を深めていくといったアプローチが最も有効です。

そうする事で最初は興味がないとしても、徐々に自分に対して心を開いてくれるので、その時までガツガツ行きすぎず待つところは待つという姿勢を取る事を心掛けましょう。


出会いの季節の春は出会系アプリも活性化するってほんと?

長い冬が終わって春を迎える時期、学校や会社など多くのコミュニティで卒業や入学、入社に異動など人が動く時期となります。
よく言われているように確かにそういった部分から見ても春は「出会いと別れの季節」かと思います。

入学や入社での新しい出会い、そして卒業や異動などによる別れは特に春に集中します。そうした中で出会系アプリが活発になる理由、それはなぜでしょうか?

春に出会系アプリが盛り上がる理由とは?

まず最初に出会系アプリなど人との繋がりを作る為のコミュニティの多くは年間を通して盛り上がる時期というものがあります。
もちろんある程度の誤差はありますが、大まかに3月~5月までの春の時期と7月後半から8月中の夏休み時期、そして12月の年末の時期です。

その年によって盛り上がる度合いは違うとしても、他の時期に比べれば遥かに利用者が増える時期である事は間違いありません。
利用者が増えるという事はそれだけ出会いに意欲的な人間が多くなるという事ですので、出会系アプリで出会いを探すなら間違いなくおすすめの時期という事になります。

では実際に春の時期に盛り上がる理由と、その時期にこそ出会系アプリを始めたほうが良い理由を挙げてみましょう。

別れを経験すると人は出会いを探す

まず最初に春にこそ出会系アプリを利用したほうが良い理由として、多くの別れを経験する事が挙げられます。

特に春になった卒業後や入社後に全く新しい環境に身を置くという人は少なくありません。中には地方から都会などに出てくる人、上京をするという人もいるでしょう。

そういった新しい環境に身を置く事は誰でも不安なものです。

そんな時、出会系アプリであれば新しい土地で事前に友人となれる人を探す、恋人候補を見つけるという使い方ができます。

全く新しい環境に置いて、そういった自分の知っている人間がいるというのはとても心強いもので、きっとそれはどんな人にでも当てはまるものです。

その為、そういった出会いを探して利用する人が増えるというのが、春に出会系アプリが活発化するという理由の一つです。

気温が上がる事で意欲的になる

次に挙げられる点は出会いや別れという心情的な部分ではなく単純に気候が左右していると考えられます。

寒い冬が終わって温かい春になる、そうすると自然と人は外に気持ちが向かうものです。外に向かうというのは何も外出という意味だけではなく、何か新しい事をしてみようという気持ちも含みます。

そういった気持ちの切り替えから新たな出会いを求めるという人が非常に多いです。

そしてそれは春は勿論ですが、夏になると更に加速します。よく言う「一夏の…」というのはまさにそれですね。

徐々に温かくなっていく春はまずそのスタートですので、出会系アプリが活発化しだすこの時期に素敵な出会い探しをスタートさせてみせては如何でしょうか。


AKB48の握手会は恋愛離れの原因になり得る?絶食系男子向けの出会い方とは

握手の様子

クローズアップ現代+というNHKの番組で、若者の恋愛離れについて考察した内容が放送されたことが話題となっているニュースがありました。
この番組では、若者の恋愛離れが進み、いきなり結婚へと向かう人が増えているという調査結果を検証したものでした。

ネット上でこの番組中に例としてあげられた恋愛離れの要因に、AKB48の握手会が入っていたことだけを切り取ってファンが反発した意見が上がったのです。
確かに、握手会に行く人でも恋愛している人はいれば、他に握手会をしているアイドルもいます。そこは「AKB48」限定で記載してしまったのが原因でしょう。

その反面、アイドルにハマっている人で恋愛を諦めている人がいるのも事実。お気に入りのアイドルをサポートしていくことで有名になっていくことが生きがいになっているのです。
それ自体は個人の自由ですから否定する必要はないと個人的には思います。

本当は恋人が欲しいと思っている人には

しかし、重要なのはそういった層の人も本当は恋人が欲しいと思っていること。

番組中でも、恋愛が面倒でしたくないという若者が本心では恋人が欲しいと思っていると語るインタビューがありました。
しかし、そう思うようになってしまった原因は恋愛で辛い経験をしたからというものでした。
恋愛離れをしている人たちのほとんどは、恋愛に対する恐怖心や不安があることが根本にあるのでしょう。

そういう人はチャットで徐々に関係を作っていく出会系アプリが向いていると言えます。
いきなり対面で話をするような合コンなどは不安があるでしょうし、ある程度関係性を築いてから相性がいい人と安心して出会えば話も弾むはずです。

恋愛が苦手な人は苦手なりのやり方で出会いを探して恋愛に結びつければいいのです。
諦めなければきっと素敵な出会いが見つかるはずですよ。


出会系アプリのニーズが増加していく理由とは?利用する年齢層の拡大について

ガラケーからスマホへ

出会系アプリが登場したのはここ10年程の間です。それまでは出会系サイトが主流で、PCから利用するという形でした。
モバイルから利用できないわけではありませんでしたが、通信速度や画面の見づらさ等の関係上好まれない場合が多かったのです。

さて、AppleのiPhone登場以来、日本でもスマートフォン市場は拡大し続けています。
当初はガラパゴス携帯の方が使いやすいと変更したくない派が多かったのですが、時代の流れとともにガラケー派も少数派になり、現在では全体の携帯電話契約数におけるスマホの割合6割り程度になり逆転しました。

スマホの利用者は流行に敏感な若い世代から増加していきました。つまりアプリの利用者は若年層が多かったということ。
しかし、中高齢層のスマホへの移行が増えているため出会アプリの利用者も高齢化が進んでいます。

今後の出会系アプリについて

出会系アプリ市場もここ数年で爆発的に拡大し様々なアプリがリリースされるようになり、ガラケーからスマホへの移行に従って出会系サイトから出会系アプリへと移行が進んでいるということですね。
これからもスマホの利用者は年々増加していくのですから出会系アプリのニーズも更に増加していくのではないかと考えられます。

出会系サイトにおける中高齢の利用者の割合はかなり多いと言われているので、今後はアプリで中高齢層が活気づいていくのではないでしょうか。
そしてそれは、男性に限った話ではなく女性も同様であるということ。中高齢の未婚者・既婚者の流入が増えると考えられるのです。

これまでは若い人ばかりで好みがいないと思っていた人も、アプリを使う年齢層の拡大に伴って利用価値が出てくるということもあり得ます。
中高齢者でアプリの利用を迷っている人は今がチャンスと言えるでしょう。


出会系アプリで出会えない人の特徴とは?どうすれば出会えるようになるのかという単純な話

頭を抱えている

出会系アプリを利用している人は一昔前に比べると増えていると言えます。試しにインストールしてみたという人も合わせればかなりの数になるのではないでしょうか。
では、実際にアプリを使って会っている人はどのくらいいるのか?残念ながらそれはかなり限られてくるのです。

どうしてかというと、まずは出会いない系のアプリの存在。そもそも出会えない仕組みなのに出会えるように見せかけているアプリというのは確かに存在します。
わかりやすく言うと、いわゆるサクラを使った手法ですね。そのような出会系アプリはどれだけ頑張っても出会えることはありません。何故なら出会えない仕組みだからです。

簡単なことなのですが、ハマってしまうと盲目的になってしまい冷静な判断ができなくなります。
その結果課金だけが膨れ上がり出会うこともできないというマイナスしかない結果に陥ってしまうんですね。

特に出会系アプリを利用したことがない初心者はこういった間違いを犯しやすいです。
サクラを利用した悪質なアプリが存在する以上、ろくに調べもせず勘でアプリ選びをしてしまっては会えるわけがありません。

出会えるアプリを選ぶことが大事

では、どうすればいいのか。
出会えるアプリを選べばいいだけです。

出会えないアプリを使うから出会えないのであって、出会える出会系アプリを選べば出会えます。

それができれば苦労はしない、という声も聞こえてきそうですが、当サイトでは実際に出会えるアプリをご紹介しています。
不確かな情報ではなくリアルに出会っている人がいて、運営元も信頼のおける会社であるということは非常に重要です。

アプリを使って出会えない人はまずはアプリ選びを見直してみてくださいね。


彼女ができない人はまず何をするべきか?恋愛テクニックを使う前にすること

恋愛テクニックの画像

恋愛に慣れていない人や奥手な人は恋愛テクニック本やインターネット上の記事を見て勉強することもあるかと思います。
実に様々な角度から恋愛を見て考察し、ここはこうした方がいいなどと結論付けているものを見て、本当に面白いと思って読んだことがあります。

確かに、そういったテクニックが有効な場面もありますし、恋愛ベタな人にとっては指針になるのでありがたいものではありますよね。
どうすれば相手の気を引けるのか、好意を持ってもらえるのかということがわからないから行動に移せないという人は大勢います。
相手に悪く思われたくない、嫌われたくないという思いから自分の気持ちを押さえ込んでしまった経験は誰にでもあるようなことでしょう。

しかし、問題なのはそういったテクニックすら使う相手がいない人がとても多いという事実。

恋愛テクニックは使ってこそ価値がある

恋愛テクニック本を山のように買い込み、読み込んでどんな場面でも対応できるようなスキルを身に着けたとしても使う相手がいないのであれば宝の持ち腐れになります。
例えば、いくら優れた能力を持った高校球児でも、三年間ずっとベンチにいてはそのスキルは何の意味も持ちません。
打席に、マウンドに立って初めてその意味が見出されるのです。

ということは、彼女がいない人がまず何をしなければならないかというとテクニックを身に付けることでも何でもなく、相手を見つけることが最重要課題となるわけですね。
つまり出会いを見つけることが彼女を作るための第一歩。当たり前のようなことですが、それが一番難しいことでもあります。

そのために今多くの人が使っているのが出会系アプリです。
恐らくあなたの友人の中でも使っている人はいるはず。そのくらいメジャーな存在になってきています。

出会系アプリを使って相手を探すことは何も恥ずかしいことではなく、今や当たり前となっているのです。
知らない人は今からでも遅くありません、誰でも無料で始められるのでインストールしてみるといいでしょう。


年末年始は出会いの宝庫?最短ルートで出会いを掴みたいなら今がチャンス!

最短ルートを表示する地図

年末年始にはイベントが詰まっていて誰もがハメを外しやすくなる時期です。
クリスマス・忘年会・新年会…様々なイベントが目白押しで出費がかさむ時期でもありますね。

社交性のある人であれば、この時期に新しい出会いを見つけることも多いです。
しかし、社交性のない人はどうでしょうか。

クリスマスはパーティーをする相手がいないから家で一人で過ごす。
忘年会や新年会は面倒だから参加しないで一人で過ごす。
そんなもったいない選択をしてしまう人も少なくありません。

ただ実際に大人数で騒ぐのが苦手な部類の人というのは確かにいます。
出会いは勇気がないと掴めないという意見もありますが、そのような人に無理にストレスの感じる場所に行けというのは酷な話かもしれません。
更に言えば、社交性がないのにパーティーに行くと、食事もろくにできずほとんど周りの人と話せないで高い会費だけを払うことにもなりかねないのです。

出会いのチャンスはアプリで作る

それでは、出会いのチャンスである年末年始に社交性のない人はどうすればいいのか。

大勢でいるのが苦手なのであれば、2人きりで会える手段を選びましょう。
出会系アプリであればそれが可能です。

年末年始には出会系アプリでは勿論、出会いを求める人で溢れます。
クリスマス時期もそうですが、仕事納め後〜年始の間は意外と時間を持て余している人が多いので狙い目です。

最短ルートで出会いを掴みたいなら、これからの年末年始の時期を逃す手はありません。
出会系アプリを使って素敵な出会いを見つけてはどうでしょうか。


お金が無くても出会いは作れる?女性にとって経済力はそれほど重要ではないという事実

お金で火をつける男性

女性が男性に求めるものというアンケートをすると上位に入るのが経済力。
経済力があれば色々な面でプラスになることは間違いありませんし、この結果は当然のものかと思います。
では、世の中の女性は全て経済力のある男性と付き合っているのでしょうか?

答えは否。

むしろ、その逆でパートナーの収入に満足している人というのは少ないと言えます。
ということは大事とは思っていても相手を選ぶ上で妥協のできる点なのです。
そう考えると、経済力に自信のない男性にも十分チャンスがあることになります。

お金の有無で出会いは決まらない

出会いに困っていてお金が無い男性が考えがちなのが、「自分はお金がないから女性に相手にされない」というようなネガティブな要素。
お金が無い男性と結婚しても幸せに暮らしている人は世の中にごまんといますし、恋人という関係でも経済力がないから幸せではないというのはイコールではありません。

つまり「自分はお金がないから女性に相手にされない」は勘違いであることがわかります。

しかし、そのことがわかっても出会いが無いことには発展のしようがありません。
では、お金のかかる出会い方ができない男性は諦めなければいけないのでしょうか。

その答えも否。

最小限の出費で出会える方法を選択すればいいのです。
その選択肢のひとつに出会系アプリがあります。

こうしたアプリの利点として、

  • 料金が安い
  • 手軽に使える
  • 相手も出会いを求めている

このような点が挙げられます。

実際、出会系アプリと聞いて慣れていない男性が浮かぶイメージはお金がかかるということ。
しかし、それは悪質なサクラのいるアプリであり、健全なアプリはそのようなことはありません。
更に従量課金制ではなく、月額課金制の出会系アプリもあるので以前に比べて非常に利用しやすくなっています。

出会系アプリが、街コンや相席屋に通うよりも遥かに低コストで出会いが見つけられる方法だということを知らない人がまだまだ多いです。
出会いで悩んでいる人は、一度無料でインストールして利用してみるべきでしょう。


コミュ障でも出会いが作れる?彼氏彼女ができない人が集まる場所とは?

糸電話をする少年

近年パートナーを作ることどころか、出会い自体を諦めている人はかなり増えていると言われています。趣味などを生きがいにして一生を一人で過ごそうとしているのです。
そして、そういった人たちのほとんどがコミュ障と呼ばれる部類の人間。
簡単に言うとコミュニケーションを取るのが苦手な人ですね。

しかし、そういった人は心の底では出会いがほしい、彼氏彼女がほしい、結婚がしたいと思っているはず。そんな感情に蓋をしているだけではないでしょうか。
本当は諦めたくないし、彼氏彼女がほしいと思っているのです。
それなのに自分の容姿に自信がなかったり、過去恋愛で傷ついた経験があったりと色々な理由を盾に向き合うことから逃げてしまい、結果的に恋人も結婚も諦めるという思考になってしまう。
これは非常に勿体ない事です。

面と向かわないコミュニケーションがおすすめ

そこで重要なのが、そういった悩みを抱えているのが男性だけではないということ。

一般的に論じられるのは男性をピックアップしたものが主流で、「二次元に逃げる男性」などがネタにされることが多いと思います。
しかし、意外に女性でそういった悩みを抱えてる人が増えているのです。

今そのような女性に人気となっているのが、手軽に使える出会系アプリです。

最近ではFacebookと連動しているアプリが多数出ていて、身分証明も簡単になり利用するためのハードルが下がっています。尚且つ認証制度により安心感を得ることで、積極的に参加することが可能になっているのです。

Facebook連動のアプリの場合、下記のようなメリットがあります。

  • Facebookユーザー以外登録できない為、信頼度が高い
  • 登録が数タップで楽ちん
  • 悪質な業者がいない

現実で上手く話せない人がSNS上で交流を深めていくことが現代では多くなっています。
TwitterやFacebookでは公に出会いを求めることは難しいですが、出会系アプリであれば気軽に繋がりを増やし、自分に合った相手が見つけられるのではないでしょうか。

コミュ障だから無理だと決めつけるのは実にもったいないこと。
同じような悩みを持っている人たちが集まる出会系アプリを利用すれば、きっと出会いを身近に感じられるはずです。


冬は出会いに最適の季節?人肌恋しいと感じる女性をゲットせよ!

微笑む女性

女性に対するアンケートで「人肌恋しくなることがあるのか」という質問に対し、実に4割がイエスと回答したという結果があるそうです。
人肌恋しいということはそれを満たす相手がいないということで、出会いを求めている女性になります。
そして、どんな場面で人肌恋しいと感じるのかという問に対しては、「一人きりで部屋にいる夜」という答えが一位にランクインしています。

それに加えて、冬は元々寒さやクリスマスというイベントから出会いを求めやすい季節となっていることを考えると、一番女性が寂しさを感じるのは…
「冬の一人きりで部屋にいる夜」ということになるのではないでしょうか。
誰もがそう感じるわけではありませんが、可能性が高くなることは間違いないかと思います。

男性が出会いを求めるのであれば、その時期を逃す手はありません。

女性にアプローチできる環境を作るべし

では、面識のない女性が家にいる時に寂しさを感じているということをどうやって知ればいいのでしょうか?
知り合いの女性でも「寂しいから相手をしてほしい」なんて連絡が来ることはまずありません。

しかし、そういった女性が集まる場所があります。
それが出会系アプリやSNSなどのコニュニティです。

出会系アプリに登録している女性が全てそうだとは限りませんが、普段出すことのできない人肌恋しいという感情を持った女性の割合は非常に多いと言えるでしょう。
人には内に秘めた欲望があり、それが匿名性という部分で緩和されて出すことができるのが、掲示板という形で始まった出会系です。

今はその形を変え、出会系アプリという形でより身近で利用しやすいものになっています。
むしろ、女性が「一人きりで部屋にいる夜」に寂しい感情を吐き出せるのは出会系アプリ以外にないと言っても過言ではありません。

この冬は出会系アプリを使って人肌恋しい女性を見つけてはいかがでしょうか?


出会いがないは間違い?出会いのチャンスを潰しているのは自分自身だった!?

肘をつき悩む女性

何かにつけて「出会いがない…」そんなことをつぶやく人を見かけたことはないだろうか。私は会う度にそう話す友人がいます。

まだ結婚をしていない男女が集まるとよく話題に上がるのが「恋バナ」です。それは当たり前のことで何も恥ずかしいことではなく、基本的に老若男女誰もが好きな話題であることは間違いありません。

そして、特にその話題が好きな人達はパートナーがいないと「出会いがない」と呪文のように口にする。
しかし、本当に出会いがないのでしょうか?

基本的に、生活する上で異性に会わずに生活することの方が難しいはずです。例えばコンビニに行けばすぐに異性の店員が見つかります。
コンビニの店員に声をかけ、実際にゴールインしたという人も少なからずいますよね?それが一般的でないからと壁を作り実行しないのは、自分自身ということを忘れてはいけません。

本当は出会っているのに気づいていないという事実

極端な話かもしれませんが、日常で小さな出会いは連続的に起きています。
それを形にしようとするかは本人次第なのです。

しかし、総じて「出会いがない」と口に出す人は言い訳が得意。自分さえ覚悟を決めて行動すれば出会いは見つかるはずなのに、アレコレと理由をつけて出会いがないのを「何かのせい」にするんですね。

私が実際に出会える出会系アプリを勧めたとしても、そういう人種は「何かのせい」にして行動することすらしない。
しかし、これを見ている人にはそういう人種になってほしくはありません。

実際に出会えるかどうかというよりまずは「やってみること」が重要であることを成功体験をしている人は知っています。
成功しない人は「やってみること」ができないから出会えないのです。

「出会いがない」最大の敵は自分自身であることを気づけば、出会いはきっと近づいてくるはずでしょう。


時間とお金を無駄にしない出会い方?出会系アプリの利便性とは

舞うお金を眺める男性

出会いを偶然ではなく自分の力で作ろうとする時に必然的に必要となってくるものがあります。それは「時間とお金」。

勿論できれば両方全くナシで出会いが手に入るのであれば、それ程いいことはありません。がしかし、それほど世の中はあまくありません。何かを得ようとすれば代償が必要となります。

例えば合コンで考えてみると…セッティングや人数集め、それにお店決めに当日の合コン。実に様々な場面で時間がかかるのです。
そして、お金も男性が多く払う場合が多いので痛い出費になります。
しかもその合コンが失敗に終わってしまうことも考えられますし、また同じことを繰り返すことになり時間もお金も更にかかることに…。

こう考えると正攻法で出会いを作ろうとするとかなりの時間とお金がかかると言えます。

お金の掛からない出会い方を探す

正攻法ではお金と時間が必要という事はわかりました。ですが、これが出会系アプリを使うとなるとどうでしょうか。

まずは人を集める必要がないので自分の好きなタイミングで好きな相手とコミュニケーションを取ることができます。
そして、優良なアプリであれば何度も何度も合コンなどで失敗を繰り返すよりもはるかにコストを抑えられるのです。

悪いイメージが先行して出会系アプリを使っていない人がまだまだ多いのですが、自分のペースで自分に合った相手を見つけるにはもってこいのツールなのは間違いありません。
使い始めに戸惑いはあっても、慣れてしまえば使う機能は限られていますし、それぞれの用途に合った使い方をすることで出会いに向けての最短距離を歩むことができるのではないでしょうか。

食わず嫌いのような感覚で使わないでいると、時間もお金も損することになりかねませんし、実際に無駄な労力を払っている人はとても多いと思います。
実際に使ってみると、どうして今まで足踏みをしていたんだろうと考える人も少なくありませんよ。


女性が男性に求めるものがわかれば出会いの成功率は何倍にも上がる!?

寄り添う男女

男性が女性に求めるものと、女性が男性に求めるものは違うとよく言われますよね。それもそのはず、性別が違うのですから違いがあって当然です。
あなたは恋愛において何を求めますか?と問われた時にいくつ出てくるかわかりませんが、人にはそれぞれ理想というものが存在します。そして出会いを探す時には、その理想にできるだけ近い人がいいはずですよね。

ただ、あなたの理想にほとんどピッタリとハマる女性が現れたとして、その女性があなたに好意を抱くかどうかは全くの別問題。これが難しいところですね。とても気に入った女性が現れたのに、自分に好意を抱いてもらえなければ関係が発展することもありません。

そんな時に大切だと言われるのは、いわゆる恋愛テクニックと言われるようなものです。恋愛に慣れていない人はそのような本を買ったり、インターネットで読んで勉強したりするわけですね。
しかし、そのテクニックをただ単に実践したとしても玉砕することは間違いありません。

どうしてなのか?それは一番大切なことを見落としがちだからです。

関係を築く上で重要なのは相手の気持ちであり、その女性の求めていることを理解することです。
女性にとって気持ちを押し付けられたり、誰から学んだかわからない小手先のテクニックを披露されること程嫌なことはありません。

本当に女性が求めているもの

それでは女性の求めていることとは何なのでしょうか?

それは、「安全・安心」だそうです。

ある統計で出ているのですが、女性は「安全」「安心」を一番に求めているという結果が出ています。時々、危険な香りがする男がモテるという話を聞くこともあるかもしれませんが、それは女性の中でも一部の人が好きなだけで大多数は危険を察知すれば即座に警戒スイッチが入ります。

そう考えるならば、どうすれば相手に安全で安心できると認識してもらえるかが最重要であることがわかります。

例えば出会系アプリを使う時に、多くの男性は自分の希望を相手に押し付ける傾向があります。初めて連絡する相手に無理な注文をしたりすると、あっという間に女性から「危険」だと判断され、まともに相手されなくなることはよくあります。

逆の立場で考えてみても、女性側から思いやりのない言葉を投げかけられたら嫌ですよね?相手の立場になって考える、それは特に男女間ではとても重要なのです。

面と向かって話していようが、アプリでチャットしていようが、女性が「安全・安心」を求めていることは変わりません。

体験談ですが、そこを意識するだけで出会いの成功率は何倍も上がりました。気づいてしまえば当たり前のことでしたが、意外と考えていない人は多いと感じます。
逆にそこさえ改善できれば出会いをモノにできる人は大勢いるでしょう。


出会いがない!みんなどこで出会ってるの?

バーにいる男女

検索エンジンで「出会いが」と入力すると予測で「出会いがない」というワードが出てきます。
つまり、多くの人がそのワードで検索をかけているということ。みんな出会いがなくて困っているんですね。

そのまま検索してみると、社会人がどこで出会いを見つけているのかという記事があったので見てみました。
すると下記のように実に色々な手法を使って出会いを見つけようとしていることがわかりました。

  • 合コン
  • 街コン
  • 友達の紹介
  • 職場
  • お見合い
  • インターネット
  • 習い事
  • 同窓会
  • 旅先
  • 結婚式
  • クラブ
  • バー

しかし、それらを見ていくとほとんどが自分自分の求めている人物像を求めることができないのがわかります。
出会いがない人は少ないチャンスの中で、できれば自分の好みに近い人を見つけたいはずですよね?

それなのにどんな人が来るかわからないような合コンや街コンで相手を見つけようとするのはかなり難しいと言えます。
出会いたいがために習いたくもないお料理教室なんかに通うのは時間もお金もかかりすぎますし、出会えるという確証もないのです。

高い確率で出会う手段はこれ

そんな中でインターネットを使った出会いの手法。つまりSNSやアプリを使った出会いというのは普段出会いがなく時間もかけたくない人にとっては好ましいでしょう。
SNSで趣味の合う人を見つけて交流を深めてから会う、なんてことになればある程度共通点がありますし、話が盛り上がることは間違いありません。

また、出会系アプリを使えば検索機能があるので、女性の中から自分の好みに当てはまる人だけを選び出すことができます。
そう考えると、アプリの利便性というのは、全ての出会い方の中でもかなり高いと結論付けられます。

勿論出会系アプリを利用する中でのテクニックというものはありますが、逆に言えばそれだけ身に付けてしまえば自分の理想に近いような女性を見つけることができるのではないでしょうか。


ナンパ師はセフレができる。ではナンパができない人はどうすればいい?

ベッドで絡む男女

先日渋谷界隈で有名なチャラ男がテレビに出演していました。
今で言うところのパリピ(パーティーピープル)で週末は仲間を集めてカラオケやクラブでオールしまうような人種ですね。

その方はナンパを日常的にしているような人で、経験人数は400人を超えていると話していていました。
最近の若い世代では「ワンチャン(ワンチャンス)」という言葉があり、「可能性は低いけど機会はある」という時に使うのですが、ワンナイトラブの可能性があるという意味で使われることが多いそうです。

ナンパ師はその「ワンチャン」を狙い、一日に何十人、多い時に百人を超える人に声をかけるとのこと。やはりナンパが得意だといってもその成功の確率は低く、数を打たなければ当たらないものだそうです。
普通の人ならすぐに心が折れてしまいそうなその作業を、ナンパ師達は楽しいと感じると言っていました。そして、その低い可能性をたぐり寄せることでセフレを作っているわけですね。

途方もないと思えるような作業を繰り返してワンチャンをゲットするナンパ師。しかし、底抜けに明るい人でないとそのような行動はできないでしょう。
一般的な人ならば、ナンパで見知らぬ人に声をかけることすらできません。小心者なのではなく、そのような人が大多数を占めていますし普通なのです。

出会いの手段はナンパだけではない

では、そのような人が出会いを求めるにはどうすればいいのかを考えると現代では手軽に使える出会系アプリが挙げられます。
シャイな人にとってはそれすら恥ずかしいことに思えてしまうかもしれませんが、ナンパに比べればどうでしょう?簡単なことに感じてくると思います。

前述したように、ナンパをしてワンチャンをゲットしている人はそれ相応の努力をしています。
行動を起こさずに出会いをゲットしようなんてことは不可能ということなのです。

身の回りに出会いがなく嘆いているけれどナンパができない人にとって、一番ハードルが低いのは出会系アプリではないでしょうか。
大切なのは行動を起こすこと。出会いは全てそこから始まります。


出会いがないのは男だけじゃない?女性も出会いに悩む時代

頭を抱えて悩む女性

世の中に出会いを求めている人はどれだけいるのか考えて見たことがありますか?
生涯未婚率の低下しているのことはニュースでよく語られる事実ですが、結婚適齢期と言われる女性(25歳~35歳)の何割が未婚なのでしょう。

都内で実施された統計では約6割が未婚であるという結果が出ています。どうしてそれ程の数の人が結婚しないのかというと、やはり出会いがないという答えが上位に入ります。

出会いがないと悩んでいるのは主に男性だというイメージが大きいですが、実は同じように女性も出会いに悩んでいるのです。例えば結婚相談所への登録数は年々増え、その需要は高まっています。男性同様に結婚したくてもできない人が増えているということです。

男も女も出会いを求めているのにどうして出会うことができないのかを考えてみると、男性に消極的な人が増えていることが挙げられます。草食系男子という言葉が流行った時期がありますが、事実としてそれはあるでしょう。

女性の出会いはどこにある?

古来日本は夜這いという文化がありましたが、それも認められなくなりました。お見合い結婚が主流だった自体もありましたが、現代ではその数も減っています。
時代の移り変わりとともに出会い系サイトや出会系アプリの需要が高まってきた背景にはそういった理由が介在しているのだと思います。

一昔前では出会い系というと一般的に嫌がられるような存在でありましたが、近年ではそれも薄くなり気軽に利用できる身近なものになってています。SNSの普及によりウェブ上での繋がりが特に若い世代で一般化したことで、そのハードルが下がっていって今では女性のユーザーも非常に多くなっています。

出会いに悩むのは男性だけじゃなく女性も同じように悩んでいるんです。

今出会系アプリを利用することに迷っている人がいれば、それは恥ずかしいことではありません。あなたの周りの女性も言っていないだけで使っているかもしれないんですね。
一歩踏み出して出会系アプリを利用することであなたの求める出会いが見つかるかもしれませんよ。


ネット上に存在する出会系に関する口コミは信用するな!

口コミを語る指先

出会系サイトや出会系アプリをネット上で検索すると色々なサイトで本当に様々な評価が行われています。見るサイトによって、その評価は本当に様々で、あるサイトでは悪いと評価されているサイトが、他のあるサイトでは最も優良と評価されている事も少なくありません。

なぜこうした状態が起こるのでしょうか?

その答えは口コミのほとんどがステマだからです。
まず最初に気を付けたいのがそのサイトが掲載されている口コミではなく、「実際に口コミの投稿を行えるかどうか」です。

多くのサイトは確かに口コミの送信を行う事ができるようになっていますが、あるサイトでは口コミの送信自体を行う事ができない、にも関わらず口コミが掲載されているというパターンがあります。
これはもう疑う余地もなく完全にステマですね。

ステマ口コミの特徴

次にその掲載されている口コミの内容です。
いいものばかりが並んでいるなどある一定の方向に対してのみ口コミがされている場合などはかなりステマの可能性が高いとみていいでしょう。

また実際にそれが一般の利用者からの口コミであっても、それを鵜呑みにするのはあまり良いとは言えません。確かに出会いやすいかどうか…という部分での参考にはなりますが、こうした出会系のコミュニティはかなり利用者によって差が生まれ、本当に出会えるものであっても出会えなかったという口コミが書かれる可能性があります。

ペイフォワードという言葉がまさに相応しいものかも知れませんが、本当に自分がよかったものを人にはなるべく教えたくない…そんな微妙な心理まで反映されるものですので、全てを鵜呑みにしてしまうのは危険であると言って良いでしょう。

では何を信じろと言われればこれは難しい判断になりますが、特に出会系アプリで言えば、最初は基本的に全て無料で利用が可能になりますので、まずは自分自身でインストールをして利用をしてみてその判断をするというのが一番遠回りなようで一番の近道ではないでしょうか。


完全無料の出会系アプリは本当に会えるのか?!

OKサインを出す女性

最近ではコミュニティ事情も大きく変化し、今までは有料が当たり前だったものが完全無料など、利用者は一切のお金を掛ける事なく利用する事が可能となりました。

FacebookやTwitterなどのように完全に無料でできるコミュニティというものが増え、その煽りを受けてのものだと思われますが、出会いを目的としたアプリでも徐々にではありますが、確実にその数を増してきています。

こうしたアプリは基本的に広告掲載料での運営がされており、アプリ内の機能を使用する上での料金は掛かりません。通常の出会系アプリと同等のものを無料で使用できる訳ですから、利用者にとってこんなにもうれしい事はありませんよね。

ただ、元々こうしたアプリも女性は基本的に無料というものがほとんどです。

つまり料金が掛かっているのは男性のみ…男性からしたらどうにも腑に落ちない部分がありますが、昔からコミュニティ系のサービスというのは使用料無料という名目で女性を集め、更にそこに集まる男性から料金を貰うという形態がほとんどでした。そうした流れから現在のアプリも同様に女性は完全無料という形態が多いと思われます。

完全無料出会系アプリの実態

そんな中での男女共に完全無料というアプリが台頭してきた訳ですが、こうしたアプリは本当に出会えるでしょうか?

結論から言ってしまえば「出会う事はできます」。しかし、ここで考えて欲しい点は「女性はどちらにしても無料」だという事です。

又、女性はこうしたサービスに登録すると男性の想像を絶するレベルでのアプローチを受けます。実際にそうしたアプローチにうんざりしている女性も多く、それが男性も完全無料となると更に際限がなくなってしまい様々な男性からのアプローチの嵐に晒されます。

そうしたアプリですと、女性は嫌気が差して利用をやめてしまうという事が多く見られ、結果的に完全無料のアプリの多くは女性の利用者が少なく男性だけが溢れかえっている状態となるのです。

つまり、男性有料のアプリに比べ完全無料の出会系アプリは女性が少なく出会いにくいという事になります。

これはあくまで例ではありますが、大体のアプリでこうした傾向が見られ、多くは男性有料のアプリのほうが出会えるという結果になっています。

男性からすればなんとも理不尽な結果ですが、女性の心理を考えれば当然の事なのかも知れません。

完全無料のアプリの利用は勿論結構な事ですが、本当に出会いを探すなら手間暇を考えると有料の信頼できるアプリを使うのが一番の近道と言えるでしょう。


出会いのイベントを利用した出会えるアプリテクニック

会話する男女

一般的に出会いのイベントが多い時期というのは絶対的に出会いというもの自体に対する需要が高まります。

以前の記事でも書いたクリスマスなどがまさにそれにあたるものでしょう。ただ、その時期に出会いの需要が大きくなるかと言って、ただ出会いを探すだけというのは少し勿体ないという印象を受けます。

と言いますのも、出会いのイベントがあるからこそ、それを利用したアプリのテクニックがあるという事です。正確に言えばアプリに限らず恋愛で使えるテクニックと言ってよいものですが、こうしたテクニックを使うだけでアプリでの出会いの確率はグッと向上します。

イベントは出会いの潤滑油

その具体的な方法とはイベントをネタにして相手を誘うというものです。

よく男性が女性を誘う文句として「ご飯に行こう」などがありますが、誘い文句としてはこれだけではやや威力に欠けます。
このフレーズに「○○だからご飯に行こう」という理由付けをするだけで、その印象が変わり、よりいい返事をもらいやすくなります。

これは心理学的な要素のある恋愛テクニックですが、人は意味がないものでもそれらしい理由があると、頼み事を肯定しやすいものなのです。
又、その目的が女性の好みのものや、自分ではそう実現できるものではなかった場合、その威力は格段に向上します。更にはそうした明確な目的を持ったデートであればあるほど、二人の共通の話題が増える為、距離を縮める事にも役立つのです。

つまりせっかくのイベントがある訳ですからそれを誘い文句に対して理由付けという形で使ってあげる事でより出会いの確率は上がります。
特にアプリなどは相手の事がよくわからない、見えないというデメリットもありますので、文字や言葉というものを有効活用することが大切です。

細かなテクニックですが、こうしたものを活用するこで更に素敵な出会いを増やす事ができるでしょう。


マッチングアプリとチャットアプリの違いとは?どっちが出会えるの?

はてながたくさん浮かぶ女性

現在出会系アプリには大まかに分けて2パターンのジャンルが存在しています。数多く存在する出会系アプリですが、その多くは2つのパターンによって基本的な構成がなされており、その上で独自の機能やターゲットを選定しています。また、それは目的や利用者層によっても変化している為、人によって出会系アプリというものの認識が異なるのはその為です。

出会系アプリにおける2つのパターン

まずその一つ目が「マッチングアプリ」と呼ばれるものです。

これはどういったアプリなのかというと、有名なところではペアーズ、タップルなどで、まず相手とのマッチングをした後に実際にチャットなどのやり取りができるようになるというアプリです。

マッチングは相手の写真やプロフを見た上で、「いいね」(※アプリにより名称が異なります)をし、相手からも同じように「いいね」をもらった時点でマッチング成功となり、その後初めてメッセージのやり取りが可能となるというものです。

出会系アプリが流行り始めた初期はこうしたアプリはあまり見かけませんでしたが、最近のトレンドとしてはこうしたアプリが多く見られます。

その理由としては女性が使いやすいといった点が一番に挙げられます。通常のチャットアプリですと、女性は様々な男性からのアプローチを受ける為、わずらわしさを感じる人も少ないのですが、こうしたマッチングアプリであれば自分がいいと思った相手とのみやり取りをする事になるので、そうしたわずらわしさからは解消されます。

基本的にマッチングアプリの多くは月額制を採用しており、月間で「いいね」を送れる限度などが決まっています。
そしてメッセージを送るには必ず月額登録が必要などの仕様となっている事がほとんどですが、大体は月額2,000円から3,000円といった金額設定となっています。

次に挙げるのが「チャットアプリ」ですが、これは今までの出会い系サイトなどと同様にプロフ検索や写真検索などで自分がいいと思った相手に対して、ストレートにチャットでアプローチを行うアプリです。

簡単で手間がかからない、月額ではないので使いたい分だけの課金で済むなどのメリットがあります。

特に男性の場合はこうしたチャットアプリのほうが使いやすいと感じようで、余計な手間は省いて早く出会いを見つけたいと思う方にはマッチングアプリよりも、こうしたチャットアプリがおすすめです。

実際にこの2パターンのどちらが出会えるのかというと、答えは難しいですが、上でお伝えしたように早く会いたい、気軽に会いたいと思うならばチャットアプリで、真剣な出会いやちゃんと相手を見極めた出会いをしたいと思う方はマッチングアプリがおすすめかと思います。

ですので、まずはそのどちらも使ってみて自分が最もしっくりくるアプリを使用する、というのばベターではないでしょうか。


クリスマス需要とアプリの関係

クリスマスの街並み

11月半ば、この時期になると世間的に出会いを求める人が増える傾向にあるようです。それは当然12月の年末シーズンを見据えての恋人探しをする人が増えるからという理由に他なりませんが、こうした時期は出会系アプリにもその恩恵があるのでしょうか?

実際、色々な統計を見てみると出会系アプリに限らず出会い系サイトやその他SNSなどのコミュニティのジャンルにおいては、やはり11月中頃からクリスマスに掛けては年間でも最も盛り上がりを見せる時期のようです。そうした時期はやはり狙い目となり、もし利用を考えているのなら最もおすすめしたい時期となります。

出会いに狙い目の時期とは?

基本的にコミュニティが目立って盛り上がる時期というのは年間で3回程存在しています。

まず一つ目が4月~5月のゴールデンウイークに掛けた時期。そして次が7月後半~8月一杯に掛けての夏休みの時期。そして最後に11月中頃~年末にかけての時期となっています。

つまり、この時期は出会いを求める男女が増える為、出会系アプリなどを利用するには最も狙い目の時期という事になります。

特に年末はクリスマスを筆頭に男女でのイベントが多い為、男性だけではなく女性にとっても恋人が欲しい時期となり、普段出会いがないという女性は必然的に出会系アプリやサイトなどに流れていきます。
しかもこの時期はただなんとなく登録してみたというユーザーではなく恋人が欲しいなど明確な目的を持ったユーザーが増える為、アプリ全体のアクティブユーザーが増えかなり出会いに直結した関係をすぐに築く事ができる時期と言っていいでしょう。

11月から年末に掛けての需要が高まる時期に出会系アプリで素敵な出会いを見つけてみてはいかがでしょうか。


新作アプリは使わないほうが良い?アプリの正しい選び方

スマホを持つ女性

皆さんはアプリを選ぶときにどういった基準で選ぶようにしていますか?
きっと多くの人は出会系アプリを使う際には「料金」「出会いやすさ」が最も大きな選考基準になるかと思います。

そうした中で特に多くの出会系アプリを経験した事がある方への注意なのですが、新作のアプリというものを使用するべきかどうかについてお話ししようと思います。

サービスの性質上、会員数は必須

新作のアプリというのはやはりその注目度からダウンロード数が増える傾向にあります。これはアプリのジャンル問わずソーシャル系のアプリでも同じです。
ですが、ゲーム系などのアプリと違う点はソーシャル系では相手が必要という事です。当たり前の事なのですが、よく新作のアプリを使ってみたけど出会えなかった…といった評価を見かけます。

よくよく考えたらこれも当然の事ですね。だって相手がいない訳ですから。

ゲームであれば自分個人で楽しむという事もできますが、ソーシャルではそういう訳にはいきません。ですので新作のまだ会員数が少ないアプリでは出会いにくくて当然なのです。

実際に出会えるアプリというのはリリースしてある程度経過したもののほうが多いでしょう。会員数もそうですが、アプリはWEBサイトに比べて常に何かしらの改善や修正が行われやすいものです。つまり機能性も向上し、より出会いやすく、使いやすくなっていくという事です。

ですので狙い目としてはリリース後少ししてからのアプリが最も穴場的な状態になっていると言っていいでしょう。

以前の出会えない系アプリの大量リジェクトを受け、ここ最近新たなアプリが結構な頻度でリリースされているようですが、そういったアプリに騙される事なくしっかりと出会えるアプリだけを選んで素敵な出会いを見つけてくださいね。


気軽な出会い?アプリの出会いは思っている程気軽でもない

バツ印を作る女性

よくアプリの売り文句として「気軽な出会い♪」などが見られますが、そういった文句をあまり鵜呑みにしてはいけません。

確かに出会いのスタイル自体は気軽なのですが、その気軽という言葉をそのまま捉えすぎてしまい、相手に対するアプローチが簡単になりすぎてしまい結果出会う事ができなかったという事が多々あるようです。

例えば気軽に「あそぼー?!」など、一言での誘いをいきなり相手に送る方というのがいますが、これはかなり高い確率で出会いを逃していると思われます。

女性から男性への内容がこれなら大して問題でもありませんが、反対に男性から女性に対してこのような内容で送ってしまうと、ただ女性の警戒心を煽るだけであまりメリットがありません。

出会系アプリでも女性への配慮は必要

確かに気軽なスタイルでの出会いなのですが、せめて最初の挨拶や簡単な自己紹介程度はするべきでしょう。もし文章が長くなってしまって逆に悪い印象を与えてしまいそう…という事ならプロフにしっかりと自己紹介を書き「詳しくはプロフを見てね!」など、相手に対して自分の情報をしっかりと伝えられるようにする配慮は必要です。

出会系サイトだけでなく、それが出会アプリであっても同じで、女性は一日のうちに何通もの男性からのお誘いを受信します。

そうした中であまりに簡単なお誘いはスルーされがちになりますし、スルーされなかったとしても相手がどんな人なのかもわからないのに決めようがありません。

ですので、せめて簡単な自己紹介は基本として、可能であれば自分自身の写メを送るなどの配慮をする事でより出会える確率を上げる事ができます。

出会えるアプリを自分のせいで出会えないアプリにしてしまわないよう、「気軽な出会い」であっても最低限の配慮は心得ておくといいでしょう。


大手コミュニティ運営のアプリがかなり出会いやすい件

スマホで遊ぶ女性

ここ数年で今まではWEBで運営されていたサービスの多くがアプリ化され、運営の形態を変化させています。

それはコミュニティでも同じで、元々は出会い掲示板と呼ばれていたものをサービスとして成立させた出会い系サイト、そして更にはそれがアプリとなって今の出会系アプリというジャンルに分類されています。
こうしたコミュニティのアプリ化初期の段階ではまず大手出会系サイトの運営元がアプリ化し、それに続くように関連するコミュニティ運営業者がアプリ化をしていきました。

コミュニティ事業者以外の出会系アプリ

そして最近では出会いとはまた違ったコミュニティを運営する業者も増えてきており、有名なところで言えばアメブロを運営するサイバーエージェントが運営するタップルや、情報誌ゼクシィを発行しているリクルートが提供するゼクシィ恋結びなどです。

こうしたアプリは元々運営側の知名度が高く、広く認知もされている為、プロモーション力が高く、次々に利用者を獲得しています。
その背景には一流の企業だからこその信頼性という部分で利用者が安心して遊べるというコミュニティならではの心理的作用が働き、そうした知名度の高いアプリに利用者が流れていくという現象がおきています。

実際の使用感としても、会員数や機能性、そして何よりも出会いやすさもピカイチのものが多いです。
例に挙げたタップルで言えば趣味性を活かした出会いを推奨しており、ゼクシィ恋結びで言えばそのブランド力を活かした女性の大量集客の実現により、出会い意欲の高い女性が多く集まっていると言っていいでしょう。

今後、健全にアプリで出会いを探していきたいという人にはぜひこうした大手コミュニティが運営する出会アプリの利用をおすすめさせて頂きます。


有料の出会系アプリで既読スルーは命取り?!LINEのように既読スルーされない為の3つの方法

スマホを見て驚く男性

出会いがメインのアプリを利用していると、どうしても連絡が返ってこないという事があるかと思います。
ただ、それがLINEのような無料のチャットならいいのですが、有料のアプリで既読スルーされてしまうと、それはイコールお金を無駄にしてしまったという事に他なりません。

つまり有料のアプリで既読スルーされてしまう事は損以外のなにものでもないという事です。
そんな事にならないように有料アプリで既読スルーされない為の方法をお伝えします。

既読スルーされない為の3つの注意点

1.内容は長すぎず短すぎずで簡潔に

まず最初に大事な事は送ったチャットをしっかりと読んでもらうことです。特に男性は文章が淡泊で短いものになりがちですが、あまり短すぎると読むには読んでもらえるのですが、まったく内容が伝わらず無視してもいいやという気持ちにさせてしまう可能性があります。また逆に長々とした文章を送ってしまうと、今度は読む事さえも拒否されてしまう可能性が高いので、最初に送る文章は長すぎず短すぎないものがベストです。

2.いきなりガツガツしない

出会いのアプリ利用者の中には出会いに対する思いが強すぎてとてもガツガツした内容を送ってしまう人がいますが、これはNGです。最初は女性は誰もが警戒心というものを持っていますので、まずはそれを和らげて徐々に目的である出会いに持っていくという流れがベストでしょう。

3.プロフィールなどはしっかりと登録しておく

これもつい疎かにしがちな部分ですが、まったくプロフィールが白紙な人よりはしっかりと自己紹介などを書いている人のほうが安心できます。加えて写真なども掲載しておいたほうがいいでしょう。顔も知らない相手では女性にとってはただ警戒心を増させるだけですので、細かい部分ですがそういった配慮も必要です。

こうした点に少し注意するだけでも返信率というのはグっと向上しますので、既読スルーばっかりで…なんていう人はぜひ参考にしてみてくださいね。


本当に出会える?!無課金の出会系アプリまとめ

黒板を指さす少女

現在、無課金で利用できるアプリはかなりの数がありますが、そうしたアプリは本当に出会えるのでしょうか?

基本的に無課金で利用ができるアプリというのは、そのアプリ内に表示される広告収入で運営されています。その為、多くの無課金アプリは有料のアプリに比べると、どうしても質が悪いものが多く、実際に登録しても出会えないというものが少なくありません。ただ、大手が運営するアプリの中には制限付きで無課金利用できるアプリというものもあり、こうしたアプリであればかなり出会いの確率は上がります。

無課金による制限とは?

その制限というものが中々厳しいもので、使える回数の制限や途中まではスムーズに使えるものの、相手のチャットを見ようとした途端に有料になるなど、無課金ではどうやっても出会う事ができないというものもあります。
こうした事をまとめ結論から言うと完全無課金で出会うという事はかなり難しいという事が言えるかと思います。

現在はアプリもかなり多様化し、一回一回ポイントを購入するものや、月額課金制のものなどその様子は様々です。やはりどうしてもそうしたアプリのほうが無課金アプリに比べると出会える確率は高くなるでしょう。
下記は無課金やログイン時にもらえるコインなどでもある程度の利用が可能なアプリのリストです。どうしても課金したくない!という人はこうしたアプリでコツコツとコインやポイントを貯めて出会いを探していくと良いかと思います。

ここで挙げているのは全て大手のアプリであり、信頼性なども抜群に高く、無課金系のアプリに多いサクラなどの心配も一切不要です。料金が発生しないという事はそれだけ多くのリスクを取る事になるという事なので、どうしてもサクラなどの被害が増えてきてしまいます。結局使ったはいいけど、サクラに騙されて会えなかった…では話になりませんよね。そういった点も大手アプリならば心配いりませんので、おすすめです。

ただ一点気を付けて欲しいのが月額制の有料アプリです。確かにトータル的に格安での利用ができるのですが、中には月額登録をした事を忘れてアプリを放置してしまうというケースがあります。そうした場合、最悪全く利用していないのに料金だけを払っているという状態になってしまう事がありますので、月額課金制アプリを利用する際にはそういった点に十分注意しましょう。
こうした月額制のアプリは大手のアプリが多いですが、そういったアプリであっても登録したまま忘れてしまったという事になると、当然料金は掛かります。数百円単位ならばまだいいですが、大抵の月額制アプリは1ヶ月あたり3000円程度が相場なので、登録したまま忘れていた…なんてことが内容に気を付けましょう。


出会えない系アプリの大量削除が行われている

ばい菌を退治する抗体

2016年の秋にAndroidで運用されている多くの出会系アプリが姿を消しました。以前もたびたびアプリがマーケットから姿を消すという事がありましたが、今回はかなりの数のアプリが一斉に消されてしまったようです。

アプリがマーケットから削除される事を一般的にリジェクトと言いますが、色々なアプリを取り上げ調査を行っていたところ、その中のほとんどのアプリが使用できなくなってしまいました。

これはGoogleの安全対策の一つを考えられますが、サクラを使った危険なアプリなどを警察が行う一斉摘発のような形で一斉にリジェクトを行ったのではないでしょうか。

調査をしていたアプリのうち、危険なサクラアプリと判断されるものの多くが姿を消していますので、Google側での何かしらの対策があったとみてまず間違いないでしょう。

一方Appleではいまのところそうした動きは見てとれず、特に今までと変わりなくといった形で運用されているようです。日本のスマホ人口で言えば、シェアは圧倒的にiPhoneが勝っていますので、可能ならばAppleにもGoogleのような一斉の摘発を行ってほしいものです。

アプリのリジェクトとは?

アプリのリジェクトというのは、GoogleやAppleが指定するガイドラインに違反していると思われるアプリをマーケット上から削除する事を指します。
一般的にAppleであれば、違反箇所の修正を行う事で再審査を受け、復帰をするという事も可能ですが、Googleの場合は一度削除されてしまうと復帰は難しいと言われており、再度同様のアプリをリリースするという事もできません。
その為、運営元はリジェクトをされてしまった場合、何かしらを変更したアプリをリリースするという手段を取っているようです。

今後アプリを利用される方(特にAndroidユーザーの方)は、以前よりもかなり優良で本当に出会えるアプリを見つけやすくなったかと思いますが、iPhoneでは依然として危険なサクラアプリが横行していますので、しっかりと事前に情報を収集し、出会えるアプリを選ぶよう心がけましょう。


人気のTinder(ティンダー)やぎゃるるは本当に会えるのか?!

ティンダーのイメージ

出会えると評判の高いアプリの中でよく目にするアプリ「Tinder(ティンダー)」や「ぎゃるる」ですが、実際に利用してみて本当に会えるのでしょうか?

まず結果からお伝えすれば確かに会う事は可能です。

特にTinder(ティンダー)は現在日本の利用者も増え、前にも増して出会いやすいアプリとなったかと思います。
元々は海外で人気のコミュニティアプリのTinder(ティンダー)ですが、その手軽さとエンターテイメント性の高さから日本でも徐々に人気となり、2016年にはかなりのインストール数となっており出会えるコミュニティアプリの代表各となっています。

優良アプリでも業者には注意!

しかしながら、一つ欠点があり、それはその手軽さから悪質なユーザーが後を絶たないという事です。

出会う気がないただ登録だけしているユーザーやネカマユーザーも多く、迷惑な行為をするユーザーが多く見られます。
又、そうしたアプリは特に援助交際の温床にもなりやすく、自分が連絡を取り合っていた相手がそうした関係目的だったという事も少なくはありません。

確かに出会いはあるが健全とは言い切れないのがこうしたアプリの特徴です。
その点、国内アプリはそういった点をしっかりと対策しており年齢認証を設けたうえで更にアプリ内パトロールなどを行い、迷惑行為だけではなく犯罪に繋がる可能性に対し事前に対応するよう心掛けています。

特に最近では登録前にSNSと連携した事前承認が必要になるなど、今まで以上に登録の際のセキュリティが強化されており、利用者の安全性を向上させています。
こうしたことからも安心安全に利用するのなら国内大手の出会系アプリが最も信頼でき、おすすめです。


効率的にアプリで出会いを探すなら、まずは恋愛センスを磨くべき

キスする男女

アプリやネットでの出会いで一番大切な事は、まず第一印象です。
これはリアルな出会いでいうところのナンパや合コンに近いものがありますが、アプリなどの出会いもそのようなライトな出会いの一つと言っていいでしょう。

職場や学校など生活の一部としてのコミュニティでの出会いとは違い、自らの意思で出会いを探しにいく場というのは大抵最初の印象というもので判断されてしまいます。
ただ、これは男性がどうであるとか女性がどうであるなどの問題ではなく、どちらも平等にそのような判断を行います。

第一印象を磨く方法

では、その第一印象をよりよりものにする為にはどうしたらよいのでしょうか?

まず当然ながら見た目を磨くというのはとても大切な事です。誰だってより良い容姿の人に目がいきますし、そうした人と出会うことができたらと考えて出会いを探していると言っても過言ではありません。

では、容姿が良くなかったらあきらめるしかないのか?と言えば、そうではありません。

ただ顔が良いという事ではなく、女性が男性を判断する基準のうち、何よりも大切なのは清潔感です。
特に印象として、髭が濃い、髪が長いなどの男性はどうしても悪い印象を与えがちになります。

例え容姿がそこそこだとしても、髪型やスキンケアをしっかりとしておく事で女性からの印象はグっとよくなりますので、まずはそうした部分に気を付けましょう。

コミュニケーション能力に勝るものなし

次に実際にチャットなどでの会話の際に必要になってくる要素ですが、これはやはりコミュニケーション能力です。
ただ何となくの会話では相手は喜んでくれませんし、楽しいとは思ってくれません。

特にアプリなどで出会いを探したいという人はこれが苦手な人が多いかと思います。

そうした人はどのようにすればいいのかというと、自分が聞かれてうれしい事を相手にも聞いてあげる、そしてその返事があったらしっかりとリアクションをした上で話を膨らませるという事を意識してください。

それだけでもコミュニケーションは劇的に変わります。更に上のレベルとなると、相手に興味を持たせるまでは押しの姿勢で対応し、相手の気持ちがこちらへ向いてきたと確信できたタイミングで引きの姿勢に転じる、よく言うところの押して引いてという状態ですが、これは上手くできるようになれば効果は絶大です。

このような恋愛のスキルやセンスを磨く事でより出会いをものにしやすくなることは確実ですので、ぜひそういった部分にも目を向けた出会いを楽しんで頂ければと思います。


GoogleやAppleの出会いアプリ対策は万全?!アプリ利用時の注意

アプリのセキュリティイメージ

現在AndroidとiPhoneを合わせて出会系アプリはかなりの数が存在しています。

当然その全てのアプリを調べたり、利用するという事は難しく、実際にどの程度悪質なサクラを使ったアプリがいるのかというのはわかりません。
ですが、そこはアプリの提供元であるGoogleとAppleがある程度の部分までは対策をしており、利用者に対して不利益がないように常にマーケットを監視しています。

アプリマーケットが行う違反対策

具体的に言えば、Googleの場合はアプリのリリースに関してはどんなアプリでも行う事ができますが、悪質と疑われるアプリはその後リジェクトをされ、マーケットからは姿を消します。

対するAppleの場合はアプリのリリース時に厳しい審査があり、それを通過したアプリしかマーケットに掲載されません。
しかし、Appleの審査はサクラがいるかどうかという目線では行われていないようで、Appleが定める基準さえ満たしていれば、どんな悪質な運営がされていようがアプリはリリースできます。

つまりGoogleは入るは易く出るは難い、Appleは入るは難く出るは易いといった認識です。

2016年9月にAndroidのマーケットでは一斉にアプリがリジェクトされるという事態が起きましたが、それはGoogle側が判断した悪質なアプリの一斉リジェクトだったのではないかと思われます。
警察などが言うところの一斉検挙のようなものかと思いますが、そのお陰もあり利用者はより良いアプリを安心して利用する事ができるようになりました。

ただ、それも膨大な数のアプリを全て監視できるという訳ではありませんので、利用時にはやはり自分自身が気を付け、しっかりと出会えるアプリを見つけ出した上で利用をするという事が必要です。


アプリの出会いは雑食系が強い?

雑食のアライグマ

出会いのアプリやSNS系のアプリでは実際の利用者が二極化しやすいと言われています。

どのような二極化になるかと言いますと、それは単純に

  • 「出会える人間」
  • 「出会えない人間」

この二つに分かれるという事です。
まさにそうしたアプリを使う上で根幹となる部分ではありますが、なぜそのような二極化が起こるのでしょうか。

利用者による二極化の原因

その一番の理由としては、出会いの対象を選り好んでいるかどうかという点です。

もちろん年齢や住んでいる地域などので選ぶことは当然なのですが、それプラスで相手の容姿など高い理想を持って臨んだ場合、極端に出会いの確率が落ちると言われています。

特に容姿のみで相手を選んだ場合、当然ながら他の利用者も容姿がいい相手には目がいきやすく、そのような相手は一日何十通という連絡がきます。

その数ある中での一人となるのはかなり高いハードルがあり、最悪返事すらこないという事も十分に考えられます。

それとは対照的に出会える人間というのは、あまりそうした事は気にせず「とりあえず会えるなら誰でもいい」という考え方で利用をしている方です。

とにかく数打ちゃ当たるという考え方から多くの女性に対してアプローチをかけますので、出会いに繋がるケースも多く見られます。

アプリなどの出会いは本当に気軽なものと考え「絶対にこの人がいい」といった考えで利用するとどうしても出会いの確率が低くなってしまうという事です。

雑食系男子という言葉もありますが、まずは会って気軽に話せればというスタンスでいたほうが女性からの警戒も低くなりますし、結果として出会いやすくしっかりと目的と達成する事ができるようになります。

このように利用方法一つで出会いの確率は大幅に変わりますので、アプリはあくまで気軽に出会うものという考え方での利用をおすすめします。


婚活サイトは信じるな!婚活に潜む罠

婚活パーティーの様子

今ではすでにメジャーなものになりつつある「婚活」という言葉ですが、現在それを斡旋するサイトが数多く存在しています。

婚活サイトと言われ、誰もが知っている超一流の企業などもこぞって婚活系事業に参入してくるほどにその需要は高まっています。
ですが、そうした需要の高まると必ず悪質な業者も増えるもので、ここ数年の間にそうした婚活サイトを謳った悪質なサイトがかなり増えてきました。

それはサイトだけには留まらずアプリにも進出を果たし、一見優良なものなのかどうかわからないものばかりで被害に遭われる方も増加の一途を辿っているといった状態です。

婚活サイトやアプリで気を付けるべき点

婚活サイトや婚活アプリは基本的通常の出会い系サイトに比べれば若干料金が高めに設定されてはいるものの、常識の範囲内であり法外な請求などはあり得ません。
ですが、そうした悪質な業者に関しては普通では考えられない程の金額を請求したり、いくらお金を払っても一向にいい相手と出会えないなど、とにかく利用者からお金を吸い出す事だけを考えて運営をしています。

場合によっては一度の紹介で数十万円を請求する極度に悪質な業者もあったり、紹介すると言っておきながら一切紹介しないというケースもあるようです。そうした業者の場合、多くは入会金と称してかなり高額の費用を請求されるようです。

アプリの場合はそこまでの請求はまずないでしょうが、危険なのはアプリを入口をした婚活サイトへの斡旋です。アプリ利用者に対して、更に良いものをと謳い、法外な請求をするものも0ではないと思われます。
婚活需要が増加する一方で、そうした被害なども増えていっているという点を予め心得ておき、実際に婚活サイトやアプリを利用する場合はそれが信頼に足るものであるのか、まず判断する必要があるでしょう。


勘違いしないで!女性定番の「誘いの脈ナシ断り文句」

脈ナシ女性と男性

出会ったばかりの女性に対して食事などに誘った時に曖昧な返答をもらって迷ってしまった…なんて経験はありますか?

特にLINEやメールなどの直接対面せずにやり取りをしている場合には男性はどう解釈したらいいのか難しい返答をもらう事があります。
ネット上やアプリの出会いを探す場合はそうした女性の微妙な返事を的確に理解することが大切ですので、いくつか紹介をしていきます。

女性が本当は断りたい時の一言

「時間が合えば」

時間が合えばというのはこちらから誘った場合に女性側から「時間が合えば行きましょう」なんて返事があった場合です。
この場合は確実に脈ナシと判断したほうが無難です。時間は合うものではなく合わせるものであって、合えばというのは「貴方との時間を合わすつもりはない」という事になります。また、これを同じように「時間ができたら」というのも脈ナシと判断するほうがいいでしょう。

「みんなで一緒に」

特に合コンなどで知り合った場合によく耳にする言葉かと思いますが、こちらは二人での食事に誘ったつもりが「じゃあまたみんなで飲みましょう」なんて返ってきた場合。これも脈ナシと言えなくはないですが、二人でなければOKという事で少なからず可能性はあるでしょう。
そうした返事があった場合は焦らずまずは多人数で会うことで徐々に女性の警戒を解いていくという方法が最も無難です。

「また連絡するね」

何かしらの予定を進める中で、じゃあ予定分かったらまた連絡するね、という言葉。
もちろん本当にまた連絡するという事もあるのですが、あまり予定が決まらない状態でこうした言葉を掛けられた場合は注意が必要です。その時の本音と言えば「とにかく話を進めたくない」「そのままフェードアウトしたい」というのが本当のところです。

このように女性の断り文句とは一見男性には判断しにくいものです。ですが、それをしっかりと理解していないとまさに「痛い男」になってしまいますので、微妙な返答がきた場合はそこに執着することなくきっぱり諦め次にいくというほうが良いでしょう。


クリスマスまでに出会いを作る為にやっておきたいこと

イルミネーションの中を歩く男女

一年のうちでカップルが最もできる季節は秋から冬にかけてだと言います。

その理由としてはやはり12月のメインイベントでもあるクリスマスを意識してというものが多いようです。

世間的にクリスマスにフリーというのが寂しい、負け組に感じるなど、クリスマスで彼氏や彼女がいないという事に対してとてもネガティブな印象がある為ですが、単純に冬を迎える事で人肌恋しくなるからという理由もありそうです。

クリスマスは11月までが勝負

では実際、そうした時期を意識した場合、いつ頃までに出会いを作ればいいのでしょうか?
そんなクリスマスまでに彼氏や彼女など恋人を見つけたいという人は早くて10月、遅くとも11月までには行動を開始したほうが良さそうです。

駆け込み需要なんて言葉もありますが、12月が差し迫った時期から探し出しても二人の関係を深める時間も多くはありませんし、何より大抵の人は12月になると忘年会だなんだと時間が作りにくくなってしまいます。
その時期から探し出すという事は余程ヒマであるか、時間に余裕を持てる人間ないといけません。つまり探せる相手も限られてくるという訳です。

ですので、もしクリスマスに向けて相手探しをするならばせめて10月中には動き出す、このイメージを持って行動するべきでしょう。

特にリアルな出会いだけではなく、ネットやアプリでの出会いも年末が近づくにつれ賑わいを見せていきます。
登録者が増え、今まで大して利用していなかった利用者が再度利用するという傾向も強く見られます。

またそうした時期はサービスとしても特別のキャンペーンなどが開催されることが多い為、狙い目であると言えます。

事前の準備をしっかりと行い、クリスマスを幸せに過ごせるよう前もって行動しましょう。


Twitterやインスタの出会いには危険がいっぱい-その理由とは?

スマホを見て悩む女性

現在の10代~20代の若者でTwitterやインスタをやっていないという人はかなり少ないかと思います。

全く一度も登録した事がないという人は本当に極僅かなものになるというほどに、その人口は多く、またこうしたツールは最近では出会いの場としても使われるようになりました。

ですが、そのような出会いの中には数多くの危険が潜んでいることをご存じでしょうか?
ここではそうしたSNSに潜む危険についてお話しします。

低年齢層は警戒心が薄い

実際にSNSでの出会いがきっかけで起こった犯罪というものは年々増加の一途を辿っています。

特に狙われやすいのが10代の少女など大人未満の年代です。
Twitterやインスタは誰でも利用できる反面、そうした危険な考えを持った人間でも簡単に利用ができてしまう事が原因となっています。

若い年代の方々は、そうした文化が既に当たり前のものとなっている為、余計にそこに対しての警戒心が薄くなってしまっています。

ですが、そこは特に男女の出会いですので、援助交際などの温床にもなりやすく簡単に利用できる事がその仇となってしまっているようです。
確かにTwitterやインスタは手軽で簡単なものですが、こうした危険性を含むとなると、出会いのツールとして利用するのは考えものかも知れません。

もしネット上やアプリ上での出会いを探すのなら、それを本業としているサービスを利用する事が最も安全で有効的でしょう。

そうしたサービスは犯罪の抑止などの為の監視も徹底しており、有料であることがほとんどなので、そういった目的の人間が利用しにくいという点においてもより安全性が高いと言えます。

多数ある出会いサービスの中でどのサービスを利用するかは利用者次第ではありますが、そうしたリテラシーの高いサービスをご利用されることをおすすめします。


彼女が欲しい!そう思うほどできない理由とは?

妄想する男性

今までの人生の中で「彼女が欲しい」と思っていてもなかなか出来ず、諦めて何も考えていないふとした時に彼女ができた、そんな経験はありませんか?

これは男性だけに言える事ではありませんが、大抵彼氏や彼女が欲しいと思っているときにはできず、そうでないときにふとした出会いから関係が発展し、そのまま付き合うという事が多いようです。
それはなぜなのでしょうか。その理由について考えていきます。

求める程、焦りが生まれてくる

最も大きな理由としては、「欲しい」と強く思っている時にはそれが焦りとなって知らないうちに外に出てしまっている事です。

よくモテる男性や女性には余裕があると言われるように、自分に自信があったり、ガツガツとしていない余裕のある異性に惹かれる事が多いです。

その余裕というのは自分から何かを求めないことや、それ受け止められる心や器の広さの事と言ってもいいと思いますが、「恋人が欲しい」と強く願っている時にはまず自分の感情が一番に優先され、相手の事を気に留める機会を無くしてしまうのです。

その為、周りから見れば余裕がないように見えてしまい、求めるほどに恋人ができないという状態になってしまいます。

自分に余裕がない状態の場合、仮にいい子と出会ったとしても、他に候補がいない為、自然と考え方は「この子を逃したら次がない」という方向に働いてしまいます。
それはイコール、逃したくないというガツガツした言動、態度となって現れるのです。

それは出会系アプリなどネットを介した出会いでも同じです。特にネット上では顔が見えない分、あまりにしつこくしてしまうとストーカーまがいと言われてしまう事もありますし、リアルな出会い以上に気を付けなければいけません。

本当に彼氏や彼女が欲しいと思うなら、一度自分の事を客観的に見て、その自分をしっかりと抑制できる状態にした上で出会いに臨むことがベストでしょう。


男性が勘違いしやすい女性の思わせぶり行動

ベッドに寝転ぶ女性

男性と女性では特に恋愛面や人付き合いの部分で対応に大きな違いがあります。
わかりやすい例を挙げれば、男性は女性に対して積極的な姿勢を見せることが多く、反対に女性はあまり自分から誘うなどの行動はしてきません。

もちろん例外はありますが、大抵の場合は男性が誘い、女性はそれを待つという流れになるのが当然でしょう。

そうした中でつい女性がとってしまう思わせぶりな行動、どういったものがあるのでしょうか?

断り文句…でも実は…

男性の誘いを受ける中で女性は知らずのうちに男性に対して思わせぶりな行動をしてしまいます。
それは女性からしたら、そんなつもりは全くないと思われるものばかりですが、男性は違った形で捉えるのです。

特にメールやLINEなどでよく見られるパターンが、誘いに対しての断り文句として、

「ちょっと今は忙しくて…」

という女性特有の断り文句。

男性は特に同性に対してはあまり気を遣わず無理なものは無理という考えで、断る時はしっかりと断る事が多いですが、女性の場合は「無理という気持ちを相手に直接伝えるような事はせず、察してもらいたい」という思いからこのような少し遠まわしな断り方をします。

ですが、恋愛経験の少ない男性だとそれをそのままの意味で受け止めてしまい、

「じゃあいつなら時間があるの?」

と聞いてしまいます。

察して欲しい気持ちが男性にはわからず、女性からしたら「空気の読めない男」「ウザい男」となってしまう訳です。
特にメールやLINEなどではその場のテンションや思いが伝わりにくい為、このように勘違いをしてしまう男性は多いようです。

男性からすれば思わせぶりと思われてしまうような内容ですが、女性なりの感情を理解してあげる事がネットを介した出会いのみならず、女性との関係を円滑に進める一つの方法ではないでしょうか。


秋の出会い?秋は合コン街コンが盛んになる季節

街コンの様子

夏が終わって秋になると、どうしてなのか自然と少し寂しい気持ちになる事がありますよね。

それは男女共に変わらず、年齢的に見てもあまり大差なく誰もが感じる感情のようです。そんな時期にはどうしても一人でいることが寂しくなるもの…そんな理由から秋は合コンや街コンなど出会いの場が増え始める時期だと言われています。

なぜ秋に出会いが盛り上がるのか

確かに真夏の出会いというのもいいですけど、合コンや街コンなどでワイワイ騒ぐなら少し涼しいくらいのほうが行動もしやすいですよね。
特に9月の後半から11月にかけては多くなっていると言われており、これには上述の理由ともう一つ大きな理由があるようです。

その理由とは…年末です。

年末はクリスマスや大晦日などのイベントがあり、どうしても一人よりも恋人と過ごしたいという気持ちが強くなる為、その準備をする意味でも秋の出会い探しの需要が増える一因となっていると言われています。
確かにそうしたイベントは当然のこと、寒くなればなるほどにひと肌恋しくなるものですね。この感情は男性よりも女性に強いと言われており、この秋の出会いに対して意欲的なのはむしろ女性側だそうです。

つまり夏は確かに開放的になって出会いに繋がりやすい時期ではあるが、女性からしたらそれよりも寒くなる秋から冬にかかる季節が最も出会いを欲する時期という事になります。

ですから、夏が終わって何も出会いがなかった…

なんて落ち込むにはまだ早いです。出会いの時期はこれからが本番です。
特に夏に別れてしまう男女は多いですから、そのチャンスを狙うという意味でもこの秋の出会いを大事にして、ほっこり温かい年末を過ごすための準備をしていきましょう。


出会系アプリの口コミ比較は本当に参考になるのか?

口コミ比較のイメージ

最近こうした出会アプリの口コミサイトを多く見かけます。2015年頃から出会い系サイトの多くがアプリ化をし、現在では数えきれない程の出会アプリがマーケットに上がっており、確かにその中から優良なものを見つけるのは至難の業です。

そこで参考になるのがランキングサイトや口コミサイトなどのアプリに焦点を絞った情報サイトですが…本当にその情報は参考になるのでしょうか?

最初にそこ答えを言ってしまうと「参考にはならない」と言えます。

口コミ比較が参考にならない理由

基本的に多くの口コミサイトやランキングサイトは広告収益を目的としたサイトです。特にそうしたサイトは広告業者やアプリの運営元が自ら運営しているサイトがほとんどで、自分たちにとって利益となる情報を優先して配信しています。

ですので、そうした情報サイトの情報を参考にしてしまうと相手の目論見通りとなってしまい、優良ではないアプリを選んでしまうといった事態にもなりかねません。

では、どうのようなサイトを信頼して情報を選べばいいのでしょうか?

その答えは単純なランキングサイトや口コミサイトではなくブログ形式で配信されているサイトです。

基本的に業者が作成する情報サイトというのは人為的な口コミなどを多く書き連ね、まさにステマを使って閲覧者に対して信用をさせるといった内容がほとんどです。
それに対してブログ形式のものは個人でサイトを運用していることが多く、そうしたサイトは実際に管理者がアプリに登録をするなどし、実体験をもとにした情報が配信されていることが多いです。

その為、より利用者のニーズに近い情報を配信されやすいといった傾向にあります。

つまり出会アプリを利用する上で参考にするサイト自体でもまず優良かどうか、自分にとって有益な情報を配信しているかどうかを見極める必要があるという事です。

ただ口コミで人気だからといって選んでしまうと、それは業者のステマ戦略にまんまと乗せられているという事になりますので、そのような情報サイトを参考にする際には一度よく考えてみて、本当に自分にとって有益な情報であるか見定めてみることが必要です。


好き避けをしてしまう女性心理とLINEの関係

避ける女性

好き避けという言葉はいつからか当たり前のように使われるようになりましたが、それが実際にどういったものか、ご存じでしょうか?

読んで字の如くですが「相手の事を好きだからこそ避けてしまう行為」の事を指します。
最近ではこの好き避けによる恋愛トラブルが後を絶たないようです。

なぜ好き避けをしてしまうのか?

こうした好き避けは男性よりも女性に多く、その理由の一番は「好きな人を前にすると照れてしまうから」といったものです。

その他にも「好きな人の前で失敗したくない」「自分に自信がなく嫌われてしまわないか不安」といった理由での好き避けも多く存在します。

それは基本的に面と向かって起こるもので、リアルな関係だからこそのものなのですが、最近では直接の対面ではないLINEなどのやり取りでもこうした好き避けが見られるようです。

LINEでの好き避けが具体的にどういったものかと言うと「来た連絡に対してなんて返事をしたらいいのかわからない」「頻繁に返事をすることで重いと思われたくない」など、相手の印象を下げてしまうかもしれないという気持ちから起こるものです。

よく男性は「意中の子から返事がない」という状況では自分に興味がないからだと思いがちですが、こうした好き避けである可能性もあります。

特にコミュニティなどの相手の表情や気持ちがくみ取りにくい関係ではよりそうした状況に陥りやすいと言えます。

ですので、男性は特に自分がやり取りしている女性が単なる「避け」なのか「好き避け」なのか、見極める必要があります。

見極める一つのポイントとしては「遅くなったとしても最終的に返事が返ってくる」「文章が長い」などのポイントが見られる場合、相手に対して避けているのではなく、好き避けである可能性が高いと言えます。質問を交えて返事がある場合などは特にその可能性が高いでしょう。


女性が男性に対して本当に求めるものとは

抱きしめられる女性

多くの男性は女性に対して「こうであれば好感を持ってもらえるだろう」「こうすれば格好いいだろう」というアピールをします。それが意中の異性でないとしても、女性の前でいい人ぶってしまう、格好をつけてしまうのは男の性というやつですね。

ですが、本当にその行動や言動が女性に対してプラスになっているでしょうか?実際に男性が思うアプローチと女性が求めるもの、これには大きな差がありそうです。

女性が求めるものを履き違えている男性が多い

一つ取り上げてお話しをすると、女性がよく口にする「面白い人が好き」という言葉がありますね。

これは多くの男性が勘違いをしている女性からみた男性の理想像です。

どういう事かと言いますと男性が思う面白い人というのは「ユーモアがあってたくさん笑わせてくれる人」という解釈になります。わかりやすくいえばお笑い芸人のような人でしょうか。

ですが、これは女性の言う「面白い人」とは少し違うのです。女性が理想する面白い人というのは会話をしていて面白い人であって、ただギャクセンスに優れている人ではありません。

具体的に言えばちゃんと自分の話を聞いてくれる人です。よく考えてみてほしいのですが、会話の中で人はどうしている時が一番楽しいでしょうか?

ほとんどの人は「自分が話をしている時」のはずです。これは特に女性に多く、話す事が好きというのは話している時が楽しいという事になります。

つまり男性の思う面白い人では女性の話を聞くのではなく、自分が面白い事を言い続けて笑わせているだけという事になってしまいます。
そうした人は女性からすれば「確かに面白いけど…」という状態になり異性というよりは友達としてという見られ方になってしまいます。

よくよく自分に当てはめてみると当然の事なのですが、それを勘違いしてしまっている男性は非常に多いものです。
これが面と向かったコミュニケーションならば、場の空気感というものでまだマシですが、LINEや何かしらのコミュニティですと相手からすればただ退屈なだけ…ともなりかねません。

本当に女性が求めているものは男性には理解し難い部分もあるかと思いますが、そうしたツボをしっかりと抑えることでより女性から必要とされる男性になれる事は間違いないでしょう。


お金と出会いの関係について

お金と性格のイメージ

どんな人でもお金は欲しい、それは当然の事ですよね。そしてお金がある人=魅力のある人と思われるのも当然です。

特に女性から見た男性のステータスとしてお金は絶大な効果を発揮します。
お金に余裕があるという事は単純に欲しい物が買える、贅沢ができるなど以上に、将来の安定なども一緒について来る為、家族になるという事を視野に入れた場合、どうしても大きなステータスとなる事は言うまでもありません。

ですが、ネットの出会いでは実際にどうでしょうか?
ネット上の出会いでお金というものがどれ程の価値を持つのか、考えてみましょう。

SNSやコミュニティ上は全て自己申告

ネットではリアルでの出会いと違い、自身のプロフや写真を含めて全てが自己申告です。ですので良くも悪くも多少自分を盛って掲載する事が多いようです。

それは女性のほうでも理解しており、例えば年収が2000万以上などと表記した場合、それが本当であってもかえって怪しまれたり、ふざけて書いているという警戒を与えてしまう事があるようです。

ですのでプロフィールなどではあまりお金に関しての事は触れず、あくまで人間性など別の部分で女性の興味を引くような内容にするのがベターと言えます。

そして、多くの女性はお金のみでは落ちることはありません。もちろん収入が多いにこしたことはありませんが、お金があれば他は全て目を瞑るかと言えばそうではなく、その傾向は女性の年齢が若くなればなるほどに顕著になります。

つまりある程度年齢のいった女性であればお金は有効的に働きますが、若い世代に対してはお金よりも容姿などが有効的という事なります。

こうした事からお金があれば出会いは成功する、という訳ではなくお金以外の部分でも大事だということですね。


無料アプリで本当に出会いはあるのか?アプリの真実

スマホを見て驚く女性

ここ数年、多くのサービスが有料のものから無料で対応するものに移り変わってきました。

一昔前であれば「え?これが無料なの?!」と思えるクオリティの高いサービスなども多く、現在の若者の多くはそうした無料サービスが当たり前のようになってきていると言います。
しかしそうした中で色々と問題となっている点も多く、一概に無料を推進するのも如何なものかと思われるケースも少なくありません。

無料になるという事

そうした中で最近話題になったものが「Facebook広告の非表示化」です。

これはFacebookを利用している際に表示される広告を煩わしいと感じる人が非表示にできるというものなのですが、それに対してFacebookはかなり否定的な反応を取っていると言います。

と言うのも、こうした無料で利用できるSNSなどのサービスはその運営の基本的な収益は広告掲載料で賄っています。

つまり利用者が広告を非表示にするという事は収益を上げることができなくなり、存続にも関わってくるという致命的な対策なのです。

存続に関わるというのは極端な話ではありますが、実際なんでも無料となってしまうとその運営は立ちいかなくなり、提供するコンテンツ自体のクオリティが低下するという事が懸念されます。

勿論、それで成り立つ商売というものもあるのでしょうが、SNSなどの人との繋がりや出会いをテーマとしたサービスは無料でなんでもできるという考えは当てはまらないように思います。

出会系など無料でできるものも増えていく中で、やはりそうしたサイトやアプリはクオリティの低いものが多く本当に目的を達成したいという考えるのならあまり有効ではありません。

もし本気の出会いを探すならある程度お金がかかるとしても有料のものを利用するほうが結果的に自分にとってプラスになる事は間違いないでしょう。


失恋のショックに一番効く薬は?立ち直るには新しい出会いが大切

ショックで落ち込む女性

生きていればどんな人でも一度や二度、失恋というものを経験するものです。ただその中でも特に大好きだった彼女や彼氏にふられてしまった…大好きな片思いの相手にふられてしまったなど、立ち直るにも相当な時間のかかる失恋もあります。

そうしたショックからは中々立ち直ることができず、又立ち直りたいという気持ちにすらならないものです。

普通であれば長い時間をかけて、徐々に立ち直っていくものですが、そうしたショックを受けたまま生活をしていくのは少し辛いですよね。

そんな時、一番自分にとって癒しになるものはなんでしょうか?

立ち直る為の特効薬

友達と過ごす時間や家族と過ごす時間、人によっては趣味や仕事に没頭する事で癒されるという事もあるかもしれません。

ですが、本当に失恋から立ち直りたいと思うのであれば、今まで自分の中にあった既存のものではなく、何か新しいことを取り入れる事が最も有効的な方法なのです。

失恋に限らず、人間にとって最も刺激になるものは今まで経験したことのない新しい経験をした時だと言います。それは人間関係でも同じで、今までに知っていた人と過ごす時間よりも新しくこれから知っていく人との時間のほうが刺激となるのです。

場合によってはかえってそれがストレスになるという人もいるでしょうが、そのストレス自体が新しい自分にとっての刺激という事です。

失恋の場合、特に人間関係と直結するものですからあまり気乗りがしないとしても、そうした新しい人間関係を構築していく事で自然とショックは緩和され、解消されていきます。

失恋で辛いときほど新しく出会いを求めるべき、という事です。

それが実際の面と向かった出会いではなく、ネットを利用したコミュニケーションでも構いません。本当にショックから立ち直りたいのならまずは出会いを探してみる、それが一番の薬になります。


退屈を紛らわす一番の方法とは?ドキドキしていない方の為の出会い

退屈そうに窓の外を眺める猫

どんな時でも毎日が充実していて申し分ない人生を過ごしている!

そう思える人はどのくらいいるでしょうか。もし、そう思える人がいるのなら、それはきっと全人口のほんの数%ではないかと思います。
誰もが毎日が単調に感じ、変化も刺激もない平凡な時間に飽き飽きしながら生活している、少し厳しい言い方をすればそれが現実でしょう。

小さいころやまだ学生の頃は人生の中での経験というものが決定的に少ない為、色々な事に対して新鮮な刺激を受け、ドキドキする事も多いのですが、年齢が上がっていくほどに人は変化に対しての耐性ができ、そうした刺激を感じにくくなるという事は科学的にも証明されており、体感での時間の流れるスピードは10歳の頃と60歳の頃では6倍の差があると言われています。

ですから、年齢と共に退屈を感じる事が増える…というのは当然のことなのです。

毎日に刺激を与える為には

でも、だからと言って退屈のまま人生を過ごしていくなんて寂しいですよね。

そうした人が最も刺激を受け、充実を感じるタイミングというのは自分とは違う考え方を持った相手との出会いやコミュニケーションをしている最中だそうです。

単純に「どこかへ行く」「何かをしてみる」というのは経験則としてある程度の予測がつくものですが、人の考えというのは経験則だけでは予測ができないことも多く、その考え方自体も十人十色で千差万別です。
そうした人との関わりの中で新しい考え方や経験に触れることで、それ自体が刺激となり、新たな楽しみが生まれます。

ですから、もし今自分の人生を退屈と感じることがあるのなら多くの人と出会うことをオススメします。そこから発展する人間関係を含め、出会いを求める行動は必ず自分自身にとってプラスになるものです。


社会人になると出会いがない…社会人の為の出会いの場とは?

出会いに気づかない社会人

よく耳にする言葉として「職場に出会いがない」「大人になってから出会いが減った」という言葉があります。確かに多くの人は学生時代に比べれば出会いが減る傾向にあるようです。

では、それはどうしてなのでしょうか?

確かに男性ばかりの職場に就職などした場合、出会いは少なくなると思います。ですが、女性社員も多くいる職場にも関わらず出会いがなくなったという人もいますね。

そういった人達は男女の環境という括りで言えば学生の時と環境は変わっていないのにも関わらず「出会いが減った」という事になります。

実はそう感じてしまう事の多くは「出会い」というものへの考え方が変化するものであるからだと言われています。

出会いに対する考え方とは?

学生の時の出会いというものは学校などの同一のコミュニティであっても出会いと意識をしています。ですが、それが社会人になると同一のコミュニティ=会社となり、会社=仕事となることでそこで出会う異性は「出会い」の対象ではなく「仕事」の対象となります。

その為、社会人になると「出会いが減る」という認識が生まれるのです。
ですので、実際には出会いが減ったという訳ではなく、出会いの対象と考える機会が減少するといったほうが正しいと言えるでしょう。

そうした社会人は出会いの為の遊びとして「飲み」などの場を使いますが、最近ではお酒があまり得意ではないという人も多く、そうした人はその出会いのほとんどをネット上で探しています。

SNSなどはここ数年でかなり規模が大きいものとなり、現在何一つもSNSをやっていない人というのは希有な存在となっているでしょう。

このように出会いは年齢と共に徐々になくなっていくものという認識が強い為、出会系アプリなどは現在未婚者である20代から30代前半の人口が最も多いと言われています。


ナンパ師に学ぶ、女性との距離を縮めるテクニック

女性との距離を縮める男性

世の中では普通の男性には到底できないようなテクニックを使い、多数の女性を囲ういわゆる「モテ男」がいます。
そうしたモテ男は当然ながらイケメンで身長が高くお金を持っていて…という訳でもありません。

中には容姿も良くない、身長も低い…でも何人もの女性を囲っている男性がいます。

その反面、いくら容姿がよくてもまったく女性を囲えないという男性もいます。

どうしてそのような差が生まれるのか、考えてみましょう。

女性も囲える要素とは

女性を囲える人とそうでない人の違い、その最もな理由は「トーク力」と「ユニークさ」です。

「トーク力」というのはそのままの意味で話をしていて面白いかどうか、「ユニークさ」というのは一般的に誤解されやすいですが、ユーモアとは違いその人だからこそのものがあるかどうかです。

特に女性は男性とは違ってある程度の容姿を持っていれば色々な男性から誘いを受けます。そうなれば当然女性に選ぶ権利が発生する訳ですが、その時にどういった男性を選ぶのかと言うと、容姿が良いやトーク力があるのと同じくらい大切になるものが「ユニークさ」なのです。

これは女性との関係を作る際にどれだけ相手に対して強く印象を残せるかといった部分になりますが、そこに強烈なユニークさを持つ男性はやはりモテます。

そして、それはリアルな関係だけではなくネット上やアプリを利用した出会いでも同じことが言えます。むしろ、そういったところの出会いでは女性は不特定多数の男性から誘いを受けている可能性が非常に高いので、このユニークさというものが何よりも大事であると言えるでしょう。

自分にしかないもの、自分にしかできない事などがネット上での男女関係構築で重要になる事は間違いありません。


草食系とは違う「肉食SNS系男子」が急増しているらしい

肉食系の男性

ここ数年の間で若者を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が広まり、今ではそれが当たり前のものとなりました。

それ以前は男女の出会いについても多くは職場や学校などのリアルに存在するコミュニティでの出会いがほとんどだったのに対し、現在では男女の出会いの多くがそうしたSNSや婚活サイトを用いたものとなってきており、リアルの出会いからのコミュニケーションではなくネット上の出会いをきっかけとしたリアルな出会いが割合の大半を占めるという形に移ってきています。

その中で俗に言う「草食系男子」や「肉食系男子」の一つのジャンルとして現在では「肉食SNS系男子」というものが存在するそうです。

肉食SNS系男子とは

これがどういったものかと言うと、基本的にリアルではシャイであったり女性を得意としない男子なのですが、SNSではガツガツといく男子のことを指すそうです。

SNSでは面と向かって話すという事がありませんし、基本的には匿名であり、写真なども自分の任意のものを掲載する事ができます。
その為、自分に自信のない男性でもSNSならガツガツいけるという理由からこうした「肉食SNS系男子」が生まれたのでしょう。

面と向かったコミュニケーションではないネット上のコミュニケーションにもいいところもあれば悪いところもあります。

実際に女性の方はLINEやメールなどではグイグイくる彼に好印象でも実際に会ってみたら期待外れ…なんてこともあるかもしれませんね。
男性はそのように思われてしまわないよう、ネット上での出会いであってもある程度本当の自分以上に飾ることなく、そのままの姿での出会いを探すほうが賢明かもしれません。


Twitterの広告にある出会アプリってほんとに出会えるの?

男女の出会い

現在日本国内でTwitterの月のアクティブ利用者数は4000万人近くに上ると言われており、国内では最もポピュラーなコミュニケーションツールの一つとなっています。

そのTwitterでたまに見かける出会アプリの広告…本当に大丈夫なの?そう思う方もいらっしゃるかと思います。

いま現在、出会系などを含むコミュニケーションツールのほとんどはWEBよりもアプリという流れになっていて、当然TwitterやFacebookなどもその流れに乗っており、WEB版でのアクセスとは比較にならないほどアプリ利用率が上昇しています。

そういった場所ではもちろん広告掲載などがされ、基本的には広告掲載料での運営が成り立つ訳ですが、Facebook、Twitterにも出会系アプリ、若しくはそれに準ずると思われるアプリの掲載が多く見られます。
中にはそうしたアプリは危険なものと判断し敬遠してしまう方もいるかと思いますが、実はそのような広告には秘密があります。

広告掲載される出会系アプリの秘密

特にTwitterの場合に言えることですが、アプリをTwitter上に広告掲載するためには厳しい審査が必要になるのです。

内容は当然のこと、害をなすを判断されたアプリは広告掲載の承認が下りずに掲載する事自体ができません。

これはTwitter側が利用者に対しての安全を守る為のものであり、如何わしいアプリは徹底的に排除されてしまいます。

つまり実際にTwitter上に掲載されているアプリは安全で優良なアプリであるという事です。

当サイトでランキング掲載されているアプリもそのほとんどがそうしたコミュニティでの掲載がされています。

それが一つの安心して出会えるアプリの証と言えますので、今後皆さんがTwitterなどを利用される際には注意して見てみると安全なアプリとそうではないアプリとの比較ができるかもしれませんね。


LINEからの出会いってあるの?LINEを使った出会いはもう古い

表示されるLINEアイコン

スマホが普及し、ガラケーの時にコミュニケーションの主要な手段であったメールが徐々にチャット形式を用いたものに移行してきました。

その代表格となるのは2016年に上場も果たしたLINEです。
当然誰もが知っているLINEですが、その他にもカカオトークなど多くのチャットアプリがある中でどうしてLINEがここまで広まったのでしょうか。

LINEがここまで普及した理由とは

その大きな要因となっているものの一つがLINEを使った出会い掲示板です。
主にLINE掲示板と言われており、LINEIDを交換することを目的とした出会いの為の掲示板です。

利用者は掲示板に書き込むだけといった手軽なもので若い世代では広く使われていました。

そうしたものを利用した出会いが多くあることからLINEがここまで普及したものと思われますが、当然そのように注目を集めるものには悪質な業者も目を付けます。
最初は純粋な出会いを求める利用者ばかりだったのが徐々にそうした出会いを求める利用者を誘導する事を目的とした業者が入り込み、2016年現在ではLINE掲示板は悪質な業者の温床となっています。

その為、現在LINEでの出会いを探すことはそのような業者の餌食となってしまう可能性が非常に高くおすすめできません。
ですので最近ではあくまでLINEはコミュニケーションの為のツールとして使い、出会いの為のアプリを使うといった形に変化をしてきているようです。

本気で出会いを探すなら、そうした掲示板ではなく信頼できる出会い専門のアプリがおすすめで、利用者の為の安全対策もしっかりと考えられている為、特に女性の方が利用される場合はそうしたアプリを選ぶほうが良いでしょう。


夏の出会いはリアル?ネット?どっちがいいの

夏の出会いのイメージ

夏と言えば海やお祭り、花火などイベントも多く特に出会いが多くなる季節です。気持ち的にも開放的になり、より恋愛関係などに発展しやすい季節と言っていいでしょう。
一夏の…そんな言葉も生まれるくらい、夏という時期は自然と高揚感が増してくる季節で、これは男女ともに同様に感じる感情です。

夏の出会いにはこれがおすすめ

そんな夏の出会いにはどんなものがあるでしょうか。

例えば海。

特に若い世代であれば同年代の女性をナンパする目的で海に行くという事も少なくはないと思います。女性自身もそれを目的に海に行くというくらい、夏の海には出会いが溢れています。ただ…ナンパといってもできる人とできない人がいますし、成功確率で言えばあまり高いものとは言えません。

次にお祭りなどでのナンパですが、これも海と同様に普段の日常に比べたら幾分成功確率が高いものの、やはり失敗してしまう可能性も高いと言えるでしょう。

20歳以上の方ならビアガーデンなどのお酒の場もいい出会いの場所となりそうです。
お酒も入って気分もよくなっているとつい…なんてこともあり期待が持てますね。

ではそういったリアルでの出会いではなくネット上やアプリでの出会いはどうでしょうか?

これは出会いの確率という事ではありませんが、実際に出会いの業界的にも夏は利用者が急増する傾向にあるようです。
つまりネットやアプリを利用した出会いであっても夏は狙い目であり、出会える確率は上昇するという事です。

特に夏は上記のようなイベントもたくさんあるので誘い文句には困りませんし、皆さんも夏の出会いを求めてみてはいかがですか?


Facebookを使った出会いの見つけ方

Facebookの画面

ここ数年、出会いの形は大きく様変わりをしてきました。10年以上前では「出会い系サイト」が流行し、多くのサイトが生まれ、出会いの掲示板というサイトまで登場しました。
ですが、時代がより安心できるコミュニティを求めるようになり、次第に出会い系サイトはその規模を縮小していき、同様のコミュニティながら実名で登録をするといった真逆のFacebookが流行るようになりました。

では、どうしてコミュニティの利点である完全匿名性というものを捨て、完全実名で本人が特定できるFacebookが流行ったのでしょう。

実名登録は安全性の象徴

その理由の大きな点としては、「出会い系サイトの悪質性」が一つの原因となっていると考えられます。出会い系サイトでは優良なサイトばかりではなく、よく聞くところの「サクラ」を使った悪質なものが多くなり、最盛期では数えきれないほど多くの悪質な出会い系サイトが生まれました。

そうした中で利用者はより安全で安心できる出会いを探す為にFacebookのような実名でのコミュニティが流行ったのだと考えられています。

ですが、現在その安全と言われたFacebookでさえも悪質な業者の温床になりつつあります。Facebook自体はもちろん優良なものですが、その中で行われる宣伝活動で悪質なサイトへの誘導を促すものが多くなり、現在コミュニティ系の広告では半数は悪質なものへと繋がるものとなっています。

それに伴い、若年層のFacebook離れが進んだ影響もあり今のFacebookは以前と比べて出会いのツールとして利用することが難しくなっています。

20代後半以上であればある程度ビジネスでの利用も考えられますが、ただ単純に出会いの為に使いたいという事であれば今はFacebookよりも出会いに特化したサイトやアプリを利用するほうが手間なく確実に出会う事ができると思われます。